窓際OL トホホな朝ウフフの夜

窓際OL トホホな朝ウフフの夜

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

入社以来十何年。初めての異動で向かった部署。そこで出会った仕事は、何と「精力剤」のPR!? かくて始まったトホホの毎日。けれどOLパワーはへこたれない! 悩める男性に「精力剤」を売りまくり、上司をおちょくり、カイシャの裏話を大暴露。気持ひとつでOLライフはこんなにオモシロイ。実は有名作家のお嬢様による、凹んだOL・疲れたオジサン全員必読のスーパー爆笑エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
314ページ
電子版発売日
2011年10月21日
紙の本の発売
2006年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

窓際OL トホホな朝ウフフの夜 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    お父様は、北杜夫さん、おじさまは斎藤茂太さん、おじい様はかの斎藤茂吉さん・・・。昔、お父様の本(どくとるマンボウシリーズ)はずいぶんと読みました。
    大学卒業後、サントリーに入社してン十年・・・平社員のまま「窓際OL」としてエッセイを週刊誌に連載。これは、その連載をまとめたシリーズの文庫版。スルっと読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月09日

    なんで私が・・・という自虐ネタに終始していて、明るく楽しい。
    人物が特定される(関係者ならぜったわかる)ところは、本当に大丈夫か、と心配になるくらい。
    前半と後半で内容が違っている。後半は軽井沢で過ごす昔のお話。前半のほうがたのしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月07日

    本屋で見つけて、なんとなく気になって買った。世の中、いろんな職業があるなぁとか、いろんな家庭環境で育った人がいるんだなぁと思いました。
    自分の視野とか、世界の狭さにチョット愕然。うーん、世界を広げなきゃ…。
    内容は面白かったが、書き方が自由すぎたがために、5点ではなく4点にさせち頂いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月12日

    面白いです♪
    こんなお祭り騒ぎの会社、最高ですよ~。

    なんせ乗りで全てやってしまう♪
    彼女の語り口もまた面白く、とる人によっては、大変なことが起きていたり、え?って思うこともそのまま受け止めて、楽しんでしまう★

    後半は、ご家族のお話になって、まじめに家族を観察して書いていて、

    それは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月27日

    新刊コーナーで「窓際OL 人事考課でガケっぷち」が面白そうだったので、
    まずは初めから読んでみよかなっということで買ってみました。
    北杜夫さんの娘さんなんですね。買ってみてから気づきました。
    とても面白く読めました。
    社長が「ワッハッハッハ」と笑うくだりが大好きです。
    読んでると、会社勤めが楽しく思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    エッセイですが、下ネタ炸裂でだいぶ面白かったです。
    私も上司や会社が怖くなったらこれくらい書けそうなねたは色々もってるんですがねぇ。。。
    そこを書けるかというよりやっぱり登場人物を知らない人が読んでも面白おかしく書けるというのがやっぱり文豪の血のなせる業なのでしょうかねえ。
    斉藤由香さんは、斉藤茂吉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    作者は特に何のとりえもない窓際OLで
    のほほんと毎日を送っていましたが
    精力剤のマカを担当する事になってさぁ大変という楽しいお話。

    ぼーっとしてそうな方なのに周りは女性を謳歌!
    という感じの方が多く、読むだけで楽しそう。
    あの文豪がこんな性生活!?という発見も面白いです。
    こういう話はちょっと…と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    現職や家族について、ここまで赤裸々に書けるヒトは珍しいかもしれません。覗き見な感じが面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月22日

    斎藤茂吉を祖父に持ち北杜夫を父に持つ文壇のサラブレッドは、しかし、なぜかサントリー株式会社で勃起不全サプリのマカを売り歩く。

    それなりに文才はあるし、文壇の様々な人間模様を幼少の目で見てきたという経験もあるし、ちゃんとした文章を書かせればそれなりに読ませるにもかかわらず、「若い女性がエロい話をすれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月11日

    週刊誌のコラムはおもしろい。後半の昔の家庭のことは、そういうのもとめてなかったからなぁ・・・笑 結局斜め読み。
    もうちょっと楽しく仕事すりゃいいのかもね。

    2014.12.31~2015.1.11

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング