股旅新八景

股旅新八景

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

縞(しま)の合羽(かっぱ)に三度笠、軒下三寸借り受けての仁義旅――舞台、映画、歌でもおなじみの《股旅もの》。しかし、ここに収めた8編は単なるやくざのアクション・ドラマを越えた人間の物語だ。「股旅者も、武士も、町人も、姿こそ違え、同じ血を打っている人間であることに変りはない」。義理と人情のしがらみ、法の外に打ち捨てられた渡世人の意地と哀愁にそそぐ温かいまなざし。庶民派作家の真骨頂がここにある。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
大衆文学館
ページ数
394ページ
電子版発売日
2011年11月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

股旅新八景 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年06月03日

    股旅もの、をテーマにした作品。
    どれもが面白いのではありますが
    断然、という形で推すのは
    やはり唯一の女性の股旅が出てくる
    「獄門お蝶」でしょう。

    それはそれは男勝りの
    かっこいい女性が出てきます。
    そんな女性にほれたのは…
    最悪クラスのダメ男(笑)

    ほかには恵まれぬ女性を
    助ける股旅や
    まるで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています