心理パラドクス 錯覚から論理を学ぶ101問

心理パラドクス 錯覚から論理を学ぶ101問

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

心―直観や錯覚―にまつわるパラドクス。それが本書のモチーフです。哲学や科学の有名な諸問題をリンク付けて体系化した問題集という点では前著「論理パラドクス」「論理サバイバル」と同じですが、視点というか、出題方法が異なっています。パラドクスの解決を読者に直接求めた「論パラ」「論サバ」に対し、本書では、解決以前の「問題の成り立ち」をたびたび問いかけました。つまり、各問題の表題になっている「心の会計簿」「パーキー効果」等々といった学術用語を知る人にとっては知識だけで解ける問題が大半ですが、そうした用語を知らなかった人は、頭を使いながらパラドクスを自ら構成する楽しみを味わえるでしょう。

ジャンル
出版社
二見書房
ページ数
230ページ
電子版発売日
2011年09月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2012年01月30日

     このシリーズは論理的思考にどっぷりと浸かった三浦先生が「簡単に正解がわからないトピック(必ずしもパラドクスや論理学的命題ではない)」を重箱の隅を突く様な執拗さで解説するというものです。
     それぞれのトピックが数ページの分量で独立しているので、この手の本としては読みやすい部類だと思いますが、内容に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月12日

    人間心理が陥りやすいパラドクスに関して、数多くの例題を交えながら解説していく本。
    ヒューリスティクスや前提を疑うことなどを通して、いかに自分の考えが偏ったものかを考えさせられます。
    ただ、著者の方はきっとだいぶ頭の良い方なので、後半の議論にはあまりついていけませんでした。(というか若干めんどくさかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月10日

    代表的なパラドクスの勉強にはいいんだけど、途中似たような例題がダラダラ続いてダレた。。。というか飽きた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月05日

    心理学を用いた、考えるとパラドックスに陥る、あるいは答えがパラドックスになる設問を101個楽しむ本。そうしながら、人間の心理の不思議さや理不尽さを感じとれたら、読んでみて大成功でしょう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年09月07日

    なかなか面白そうなので思わず衝動買い(笑)
    その好奇から、サクサクっと読めると踏んでいたのですが…中盤から終盤にかけて、???の連続で。。
    僕の理解力と想像力は乏しいものだと痛感しました(笑)
    ほほー!!と思った問題1問を

    哲学者マックス・ブラックの学生が、海外で研究発表をすることになったのだが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています