雨の日のイルカたちは

雨の日のイルカたちは

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

突然死した最愛の夫。悲しみに追い討ちをかけるかのように発覚した、愛人の存在──。「この作品集には、『9・11後の世界』という大まかなテーマで書き継いできた四つの作品を収めている。信じられる確かなものがなくなってしまった。その喪失感、寄る辺なさ、空虚さ、不安定さなどを、それぞれの作品の主人公たちもまた抱え込んでいる。彼らの物語を書き継ぐことで、私は自分がこの世界で生きていることの、小さな足がかりを作りたいと思った。(著者)」

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
226ページ
電子版発売日
2011年09月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

雨の日のイルカたちは のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年04月22日

    3・11の地震でもそうだし、9・11をきっかけに、人生への思いが変わった人はたくさんいると思う。
    生と死について、それほど深くつきつめて考えたことはなかったけれど、どの主人公の話もひとごとではないような気持ちになった。
    特に最後の話『百万語の言葉よりも』は、すごくつらい別れを経験した時に、もう一度読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月19日

    6年ぶりくらいに読んだ
    余韻が多い

    はなちゃんが好きなのとラグビーの男の子の話がよい 生きることと向き合っている?向き合おうとしている、 

    ところ狭し並ぶ自問自答、と日々がやや入ってきて、薄い色調の小説

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月07日

    アンジェラスの岸辺★★★
    雨の日のイルカたちは★★★★
    彼らは生き、われわれは死んでいる★★★
    百万語の言葉よりも★★

    一番共感できたのは、2作目と3作目。生きる、とは?という永遠の問いの答えに、わずかに近付けた気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    短編小説集というべきなのかな。
    この人の本は初めてだけど、ぱっと見、表紙が気に入って読んでみた。ジャケ読み。
    とってもよかった。
    心理描写が、俺の好みに合う感じ。
    全体的に暗い話だけど、けっこう好きかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この人は死に纏わることとか死の観念をものすごく考えているんだろうなと思う。「百万語の言葉よりも」は死について考えるときまた読みたいと思うだろう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月13日

    4つの短編からなる話。

    生と死がテーマ。

    誕生し、若者の苦悩、老いていく怖さ、死んでもまだ存在している。

    どの話もリンクしあっているように、
    生と死もリンクしている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月26日

    短編集でした。一番印象に残ったのが、過労死で夫が死んだことで人生が変わった妻の話かな。浮気相手が出てきたり子どもたちが健気に支えてくれようとしたりが感動的だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「世界の中心で愛をさけぶ」の著者ということで、なんとなく手にとってみた。

    4つの短編小説で構成されるこの本の共通のテーマは「生と死」。

    日々なんとなく感じている言葉にできない「倦怠感」というか「けだるさ」みたいなものが物語の中でうまく表現されているが、ストーリーの展開が単調。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    タイトルが変わる度に登場人物も変わってしまい、色んな人がいっぱい出てくる作品も面白いが、片山さんのように少ない人数で「あっ、あの時の人だ!!」と思わせてくれるのもいいかも。
    おまけに、4部構成の内の3部は記憶に新しいニューヨーク同時多発テロが描かれています。きっと、作者の心に最もグサッときた出来事だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    セカチューで有名になった著者。セカチューを読んだ時にも思ったけれど、片山さんは死に関して独特の感じ方をする人という思いがした。この本もしかり。4つの短編だけど、登場人物がリンクしているところがおもしろかった。(h19.9.8)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています