罪な愛情

罪な愛情

作者名 :
通常価格 565円 (514円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

警視庁警視の高梨良平と田宮吾郎は恋人同士。事件をきっかけに知り合った二人が半同棲生活を始めてから一年以上が経つ。ある日、帰宅しようとした田宮を呼び止めたのは、11年ぶりに会う弟の俊美だった。理由があって実家を離れた田宮は弟との再会を高梨に話すことをためらう。翌日、俊美からかかってきたのは、「人を殺してしまった」という電話で……!?

ジャンル
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日
2011年09月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

罪な愛情 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年06月16日

    ごろちゃんの過去が明かされます。
    いつも明るく優しく気遣い屋さんのごろちゃんの抱えている辛い過去が切ない。
    辛さを分かっている人は人に優しい。そう思いました。
    好きな人にも言えない事がどんなにごろちゃんを傷つけたのかなあと

    弟俊美も登場して、ごろちゃんの家族構成や出身地も分かります。
    殺人事件が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月23日

    良平×悟郎。「罪シリーズ」第七弾です。前半突き抜けて笑いを誘いながらも、後半シリアスに!!ってな展開です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月01日

    なんだかもう、ごろちゃん可愛すぎです。
    良平も理想の旦那です。
    ごろちゃんのお母さんに対する心配りも、切なくて、良平の深い愛を感じます。

    しかし、ごろちゃんは魔性だなぁ・・・。

    罪シリーズ(再販もあるので時系列です。2014年3月現在15冊刊)
    1.「罪なくちづけ」
    2.「罪な約束」
    3.「罪な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月04日

    罪シリーズ7(ルチル文庫2)
    吾郎の弟・俊美、あわや殺人犯に?
    家族のことを言えない理由、母親の病気、俊美に理解して貰えなかった高梨との関係、そして、俊美の起こした事件。
    高梨へ相談することができない事が重なる吾郎。
    なんとなく、察しながらもどかしい思いを募らせる高梨。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月09日

    罪シリーズ第7弾。

    今回はごろちゃんの家庭に焦点を当てています。

    こういった体験があったから、あの思いやり溢れるごろちゃんが生まれたのかなーと思いました。途中かなりハラハラしましたが、結構ハッピーにまとまって嬉しかったです。

    またしても2人の絆は深まって、そろそろ向かうところ敵なしですね!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月20日

    この本は、ごろちゃんの昔話が出てきてちょっと切ない巻。

    この話を読んで、良平の家族にあいさつに行く話を読むと、切なさが倍増します・・・。

    本当に良平さん、ごろちゃんを幸せにしたってな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月07日

    【あらすじ:警視庁警視の高梨良平と田宮吾郎は恋人同士。事件をきっかけに知り合った二人が半同棲生活を始めてから一年以上が経つ。ある日、帰宅しようとした田宮を呼び止めたのは、11年ぶりに会う弟の俊美だった。理由があって実家を離れた田宮は弟との再会を高梨に話すことをためらう。翌日、俊美からかかってきたのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月25日

    このシリーズとっても好きです(^^)
    ゴロちゃんと良平の第7弾です。

    このお話は、ゴロちゃんのつらい過去と
    現在の事件が関連していて・・・っていうお話です。
    それにしても、子供(?)のころから
    ゴロちゃんてモテるのね(^^♪

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています