病葉流れて

病葉流れて

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

十八の春、大学に入った梨田雅之にとってすべてのものが未知だった。酒場も、そして女も。だが、運命的に出逢った麻雀に、梨田はその若さを激しくぶつける。次第に彼は博打こそ自分の天運と対峙するものと考え、この道で生きていくことを決意する。そして果てしなき放蕩の日々が始まった――。無頼派作家が描く自叙伝的ギャンブル小説の傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
シリーズ
病葉流れてシリーズ
電子版発売日
2011年07月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

病葉流れて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年10月25日

    この小説は伊集院静の『海峡』三部作とともに僕の中では双璧をなすものです。『流星たちの宴』の梨田雅之の大学~社会人になるはじめまでを描いたものですが、今の学生にこういう人はいないでしょうね。

    かつて新葉だったことがある。
    かつて新芽だったことがある。
    青い色をした仲間たちは、季節がうつろっても、 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    名作『麻雀放浪記』に勝るとも劣らない、青春ギャンブル小説の傑作。圧倒的な筆力を持って語られる闘牌が、読む者を魅了する!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    説明

    そして青春が終わり、明日なき放蕩が始まった。競輪場のジャンが鳴り、麻雀牌の音がする。血を騒がせるギャンブラーとの勝負に、今日も日が暮れてゆく…。一時は株の世界で巨額の資金を転がしたこともある著者の、奇想天外な自伝的小説。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    麻雀放浪記を読み終えて少し寂しかった思いがありましたが、またこの様な作品に出会えて嬉しくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

病葉流れて のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 病葉流れて
    660円(税込)
    十八の春、大学に入った梨田雅之にとってすべてのものが未知だった。酒場も、そして女も。だが、運命的に出逢った麻雀に、梨田はその若さを激しくぶつける。次第に彼は博打こそ自分の天運と対峙するものと考え、この道で生きていくことを決意する。そして果てしなき放蕩の日々が始まった――。無頼派作家が描く自叙伝的ギャンブル小説の傑作!
  • 朽ちた花びら 病葉流れて II
    大学入学を契機に放蕩の限りを尽くすようになった梨田雅之は、裏社会の本流に漂着した。博打以外に生き甲斐を求められない彼は、借財の果ての破滅的な賭博にのみ身を焦がし、次第に朽ちていこうとしていた――。前途に光明を見出せず死に急ぐ梨田が辿り着く場所は? 鉄火場で生まれた類例なき青春小説の傑作『病葉流れて』続編!
  • 崩れる日 なにおもう(上) 病葉流れて III
    遊蕩無頼の大学生活を終えた梨田雅之は、就職を機に大阪で新生活を始める。だが社会の枠に鬱積するばかりの日々の中、彼の胸中にあった真っ当に暮らす決意は崩壊し、再び巨額を賭けた博打に溺れて精神の均衡を保つしか生きる術がなかった……。更なる自滅への道程で彼が開いた活路とは? 自伝的賭博小説の傑作『病葉流れて』激動の第三部!
  • 崩れる日 なにおもう(下) 病葉流れて III
    会社組織に身を置いて社会の枠を知ったのも束の間、放蕩生活に拍車をかけた梨田雅之は遂に大手企業を退職。ひたすら生きる実感を欲して、新たなる大博打・先物取引の世界に飛び込む――。痺れるような感覚だけを求め自ら毀れゆき朽ち果てようとした男が、必死のあげく漂着した世界とは? 自伝的青春賭博小説の傑作『病葉流れて』感動の完結編!

病葉流れて の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング