さらば脳ブーム

さらば脳ブーム

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界的に大ヒットしたゲームのアイコンとなったことで、「脳トレの川島教授」は一人歩きを始めた。日本の街中に顔があふれただけでなく、スペインの地下鉄のポスターや、イタリアのテレビCMにまで登場。そのうえ研究者たちからは「科学的じゃない」との批判が始まり、果ては税務調査までやってくる始末……。「基礎科学研究の社会還元」とは何か。「脳ブーム」の功罪とは。渦中にいた当事者が初めて沈黙を破った手記。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
191ページ
電子版発売日
2011年05月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

さらば脳ブーム のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月19日

    ニンテンドー3DS「鬼トレ」を日常的に行っているので購入。ちなみにこの本はそれ以前に書かれたもの。
    脳トレがどのような過程で効果があることが分かったのか、一時期流行った脳トレブームに関して作者の身の回りで起こった変化が本音で綴られている。
    老人ホームにて行われた計算の実験の様子を読むと確実に脳を健...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月17日

     脳トレDSのソフトを開発した川島さん自身の著書である。どのように批判され、どのような科学的根拠があったのか、さらに一般の脳科学者と自称する人々などいろいろと面白いことが書いてある。大学生が読むよりも、博士課程の院生や教員が読んで面白い本である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月11日

    今や誰でも知っていると言っても過言でない、川島教授。見かけはまじめな先生ですが、この本を読むと、ご本人のファイティングスピリットがよくわかる、面白い一冊。ゲームのロイヤリティを大学に全額入れるなど、これだけのブームを作った(作られた)人としては、非常に潔い姿勢に感動する。
    ブームも去ったみたいだので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月26日

    「脳トレ」の川島隆太教授の本。著者の脳科学にかける情熱と実績、科学者としての矜持を感じます。脳の活性化には朝ごはんをしっかり食べ読み書き計算で頭を使う、認知症の予防と改善には学習療法というのが自分と親、家族に活かせる教訓です。でも著者の研究成果への反論の反論がちょっとなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月03日

    いわゆる”脳トレ”で有名になった川島教授が自分のこれまでの研究歴を記した一冊。というより、自分を批判する人々への反論、正当化と愚痴・悪口の一冊といった方が良さそう。その批判などはそのとおりだと思うし、有名になることでいろいろ嫌なことがあったんだな、とは思うけど、ここまでズケズケと本名を出して人の悪口...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月10日

    脳ブームを作った著者が基礎科学と産学連携の難しさが語られている。権威ある科学雑誌に掲載されている内容を一般書籍で批判することの無意味さ、マスメディアが作り上げる間違った科学情報、それを推進する「芸脳人」たちについての怒りがすごく伝わってくる。学問の発展により得られた知見を一般の人たちにいかに有益な形...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月06日

    脳トレブームが始まってからずっと胡散臭さを感じていた中で、ブームの張本人が書いた本に出会ったのでつい手をのばしました。 
    なかなか面白かったです。本人もノリノリではなく違和感を感じていたのでしょう。同じような感覚を持っている方は是非読んでみてください。

    でも川島教授、まだテレビ出てるんだよなぁ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月02日

    「脳トレ」で有名になった川島教授の本。

    学者とも思えないほど率直でシニカルで冗談(?)を交えた語り口は、決して象牙の塔に篭る人ではない。

    単純にエッセイ、読み物としても面白く、科学者の生活を少し垣間見たような気がした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月15日

     個人的に、川島教授にはたいへん感謝している。
     旦那が脳出血で倒れたあと、リハビリで使ったのが「脳を鍛える大人のドリル」だった。おかげさまで、完全失語で、一生車椅子と言われた旦那は、今自分で歩き、日常会話も支障なくできるようになった。
     
     この本は、川島教授が「脳を鍛える大人のドリル」を出版する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月03日

    いやはや痛快!  しかしこの本の感想は賛否両論だろう。私のように「痛快」か、それとも・・・。 DS脳トレで一躍有名になった川島教授。もてはやされれば当然それを快く思わない人々もいる。 その川島教授のやることを快く思わない人々が発信する、脳トレ批判を「今までは黙殺していた」そうだが、 今回のこの本では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています