次の電車が来るまえに(新潮文庫nex)

次の電車が来るまえに(新潮文庫nex)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

列車はいつも、僕らの日々を運んでく。出会いも別れも、伝えたかった言葉も――。祖母と豊橋を訪れた美羽。「路面電車に乗りたい」という祖母の秘められた思いとは(「二十歳のおばあちゃん」)。故郷への新幹線で想起する父の記憶(「やまびこ」)、貨物列車をめぐる六年生の小さな冒険(「名島橋貨物列車クラブ」)など、心のつながりを描く人生のスケッチ、全5話。『四角い光の連なりが』改題。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫nex
電子版発売日
2022年06月27日
紙の本の発売
2022年06月
サイズ(目安)
2MB

次の電車が来るまえに(新潮文庫nex) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年07月24日

    2022/07/22
    電車が話の主軸に絡む中編くらいの5つの話。どの話にも電車が絡んでくるのですが、それぞれのジャンルの話しで、電車から見える風景だったり、電車そのものの姿だったり電車の音だったり、それらを通じて人々の想いが色々と変化していく様子がとても読んでいて面白いなと思いました。
    この本の中に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月01日

    電車を巡る短編集

    ■やまびこ
    一足先に帰った妻の待つ故郷へ向かう新幹線。
    男は、現在、過去、未来に想いを馳せる。

    ■タイガースはとっても強いんだ
    甲子園球場で大好きな女性と待ち合わせて、試合を見る予定が、車内で道に迷ったホーランドの老夫婦と出会う

    ■二十歳のおばあちゃん
    愛知県の豊橋で、東京で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月29日

    越谷オサム先生らしい,優しくて少しコミカルな5編からなる短編集.

    「タイガースはとっても強いんだ」で,中井さんの「なんでタイガースは打てへんの」がいっちゃんウケた.そうですねん.みんーな疑問に思ってるんです.

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫nex の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング