日本経済が手にとるようにわかる本 「数字」を関連づけると世の中が見えてくる

日本経済が手にとるようにわかる本 「数字」を関連づけると世の中が見えてくる

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ベストセラー『日経新聞の数字がわかる本』『日経新聞の「本当の読み方」がわかる本』に続く、シリーズ第3弾。経営コンサルタント小宮一慶氏が、自らが30年間実践し続けてきた情報収集・分析のノウハウを読者に伝授します。 【著者から一言】 いま世の中で何が起こっているのかを見きわめるとき、私は常に「数字」で考えるようにしています。経済の動きを考えるときも、必ず「数字」で考えます。「景気が良くなった」といった曖昧な言い方では、何を意味するのかよく分かりません。数字で考えて、経済を理解する――その基本テクニックを本書でマスターしてください。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

日本経済が手にとるようにわかる本 「数字」を関連づけると世の中が見えてくる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月25日

    日経新聞の読み方シリーズの第3弾。1,2と勉強してきた中で、まとめの要素や復習の要素など自分自身の理解度など再確認することが出来ます。その上で、この第3弾からインプット出来たことは、30年間の日本経済の推移。今更ですが、改めて全体像(30年間の推移)を見渡すことで、今の株価が高いのか安いのか、円が高...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月18日

    このシリーズも3冊目です。

    最近経済の本を何冊か出していらっしゃるので、どうしてもかぶってしまう内容があったのですが、クイズ形式は楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月06日

    「貿易」「GDP」「財政」「貯蓄」「金融危機」「円高」から見る日本経済。

    具体的数字が多く分り易い。
    が、だから?で?と結論がないことが気になる。

    著者の主張が多く、経済の入門の入門ではない。

    ◆バイアス
    ◆財政悪化国PIIGS ポルト、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペイン
    ◆GDPの6...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月23日

    日本経済を数字から把握することを趣旨とした本。日本経済の旗の下に紙面を賑わす、「貿易」「GDP」「財政」「貯蓄」「金融危機」「円高」の6つの切り口から、日本の現状と今後を紐解く。

    解説自体は普通にわかりやすいし、論理も流れもしっかりしている。ただ、「数字を用いる」という求心作用を任されたプロセスそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月13日

    小宮一慶氏による、日本経済を数字から把握する方法を示した本。
    これまで同氏は、日経の経済指標を元に、日本経済の変遷、現状を読み解く方法を紹介する本を複数上梓している。
    最初に日経経済指標が出てきたのは「数字力養成講座」である。

    この「数字力・・・」では、ビジネスするうえで頻出する数字をどう捉え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています