「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書

「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書

作者名 :
通常価格 749円 (税込)
紙の本 [参考] 939円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ROEって何ですか?」こう質問されたとき、あなたはきちんと説明することができるだろうか。ROEはいわゆる「経営指標」と呼ばれるものの一つ。部長レベルになって役員が参加するような会議に出席すれば、ROEをはじめとする経営指標に関する話が多く出てくる。そんなとき、「ROEって何??」という状態ではお話にならない。そこで、経営コンサルタントとしてたくさんの企業の財務諸表を見ている著者が、ROE、ROA、EVA、EBITDA倍率、フリーキャッシュフロー、自己資本比率、流動比率、資産回転率、売上高営業利益率……最低限これだけはおさえておきたいという経営指標を厳選し、わかりやすく解説する。課長になったら知らないとまずい重要な経営指標が、1冊で学べる本!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年07月17日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「「ROEって何?」という人のため...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月29日

新入社員の私に取っては経営指標の教科書のようでした。知識ゼロの状態から読んでも理解できる内容の本です。ROEはもとより、会社の安定性は?将来性は?稼ぐ力ってどこを見たらいいの?といった気になるポイントを説明されており、非常に読みやすかったです。分からなくなったらまた読み返そうと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月05日

非常に分かりやすい。主要な指標に絞って深く説明をしてくれるので、計算式だけでなくその指標で何を重視するのか、意味から理解することが出来た。EBITDA やDCF 法など、一見小難しそうで避けて通っていた指標も噛み砕いて説明してくれた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月30日

仕事上に有用な知識の取得のために購入。ステップ2向けの書籍と認識したが、ステップ1、3についても記載があり、まさに教科書といった印象。分かりやすい。財務諸表に何が書いてあるかが、だいたいわかった後、どういう意味か、どう使うか、が学べた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月01日

事例を参考に財務諸表の解説が明快でした。
ROEの敷居が下がった。
何度も読み返して、レビューの精度を上げたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年05月06日

財務分析の基本的な指標の説明、とても理解しやすかったです。特に最近ROEが注目されている理由が、投資家の「リスクプレミアム」を意識しているという説明に感銘を受けました。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!