【感想・ネタバレ】日本経済が手にとるようにわかる本 「数字」を関連づけると世の中が見えてくる(5件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2012年03月25日

日経新聞の読み方シリーズの第3弾。1,2と勉強してきた中で、まとめの要素や復習の要素など自分自身の理解度など再確認することが出来ます。その上で、この第3弾からインプット出来たことは、30年間の日本経済の推移。今更ですが、改めて全体像(30年間の推移)を見渡すことで、今の株価が高いのか安いのか、円が高...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月18日

このシリーズも3冊目です。

最近経済の本を何冊か出していらっしゃるので、どうしてもかぶってしまう内容があったのですが、クイズ形式は楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月06日

「貿易」「GDP」「財政」「貯蓄」「金融危機」「円高」から見る日本経済。

具体的数字が多く分り易い。
が、だから?で?と結論がないことが気になる。

著者の主張が多く、経済の入門の入門ではない。

◆バイアス
◆財政悪化国PIIGS ポルト、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペイン
◆GDPの6...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月23日

日本経済を数字から把握することを趣旨とした本。日本経済の旗の下に紙面を賑わす、「貿易」「GDP」「財政」「貯蓄」「金融危機」「円高」の6つの切り口から、日本の現状と今後を紐解く。

解説自体は普通にわかりやすいし、論理も流れもしっかりしている。ただ、「数字を用いる」という求心作用を任されたプロセスそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月13日

小宮一慶氏による、日本経済を数字から把握する方法を示した本。
これまで同氏は、日経の経済指標を元に、日本経済の変遷、現状を読み解く方法を紹介する本を複数上梓している。
最初に日経経済指標が出てきたのは「数字力養成講座」である。

この「数字力・・・」では、ビジネスするうえで頻出する数字をどう捉え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?