コンクールシェフ!

コンクールシェフ!

作者名 :
通常価格 1,617円 (1,470円+税)
紙の本 [参考] 1,705円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

選ばれるのは才能か、果てしない努力か。超人気TV番組『料理の鉄人』に携わった著者渾身の料理バトル。

日本最大の料理コンクールでYBG(ヤング・ブラッド・グランプリ)で、最終審査に残った6人の俊英たちが競う。
45分の闘いを制し、世界に羽ばたくのはーー?

めっちゃ面白い!
すでにもう映像で観たいです。  
ーー山本ゆり(人気料理コラムニスト)


邸 浩然 Tei Kozen…8大中華を修行した一匹狼
川縁伶奈 Rena Kawabuchi…フレンチ料理界のサラブレッド
里中 海 Kai Satonaka…不思議な魅力のポルトガル料理人
浅倉 薫 Kaoru Asakura…シャイだが天性の勘を持つイタリア料理人
和田拓実 Takumi Wada…ミシュラン二つ星レストランのスターシェフ
山科一人 Hitori Yamashina…脱サラして和食の板前を目指す最年長

料理のテーマは「10年ぶりに会った友人との食事」。
チャレンジャー6人の胸に、それぞれの思いが去来するーー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
ページ数
278ページ
電子版発売日
2022年03月08日
紙の本の発売
2022年03月
サイズ(目安)
1MB

コンクールシェフ! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月15日

    薫の最後のプレゼンがとても良かった。
    「十年ぶりに会う友人との夕食」という料理のテーマは伏線のひとつだったのか。
    とても良かった。
    できれば前半部分より後半の実際の料理場面にページを割いてほしかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月28日

    満腹!本当に料理本だった。「料理の鉄人」の書籍化に携わっていたとは…。ミステリーだけでなく、今後はグルメ小説にも期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月15日

    途中で結末が予想できてしまうのですが、楽しめました。
    45分きっかりで料理をつくるというのは、私には絶対無理だなと思いました。
    読みながらレシピを考えましたが完成にはいたらず。雰囲気は伝わるのに、味が見えてこないのは私が未熟者だからなのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月22日

    料理の若手コンクール。
    そこに集う人々の料理過程・料理への思い。
    臨場感のある料理過程の様子が目に浮かぶようでした。
    続きの…何年ごかのみんなの話も読みたくなる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月12日

    日本最大の料理コンクール最終審査、それぞれの事情を抱えた個性豊かな若き6人の才能がぶつかる。最初はふんふんと読んでいたが、コンクールの場面から盛り上がり講評の場面で最高潮に。最後は挑戦する姿勢、真摯な思いで勝負が決着する。作者さんの多彩さに脱帽。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月31日

    ワックワクと楽しめた。良い意味で漫画のような設定なので
    深く考えずサクッと読める。テレビで生放送される大規模な料理コンクール。決勝に残った精鋭の6人の料理人。キャラも料理も全く異なるが、各々熱い思いを胸に戦いの火蓋が切られた。全体的に「わぁ美味しそう!」という描写は思ったより少なく(邸さんの章は良か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月21日

    蜜蜂と遠雷の料理版みたいなかんじかな。私は、ピアノより、食べ物の方がイメージしやすいので、最初から最後まで面白く読めた。料理とか美味しい食べ物に興味がない人にはどうかわかりませんが。料理の鉄人に関わってた方ならではのリアルさだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月16日

    料理は魔法だと思う。

    一つの食材がどんどん形を変え、
    味を足されて、
    一つの皿に収まる。
    テレビ番組で誰かが料理をしていると、
    思わず見入ってしまう。

    今回の6人の人物の料理も
    本当に美味しそう。
    もっと一人一人のドラマを知りたかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    料理のコンクールである、ヤング・ブラット・グランプリでの6人の料理人たちの戦いを描いた作品です。

    大会のテーマは「十年ぶりに会う友人との夕食、そのひと皿」です。

    6人のプロフィールと対戦料理は
    1川縁令奈(フレンチ)・仔牛のコンポジション
    2邸浩然(中華)・海鮮おこげ
    3里中海(ポルトガル料理)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月22日

    料理のコンクールの話。
    出場者、審査員、アシスタントたちのそれぞれの立場から、またそれぞれの場面での思いが語られるため、いつも読んでいる小説で、この相手はどう思ったのかな?この人の立場から見たらどうなの?といったモヤモヤ感もなく素直にコンクールの熱気とスピード感を感じられた。
    とても読みやすいし、五...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング