スクランブル 要撃の妖精

スクランブル 要撃の妖精

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

尖閣諸島を、イージス艦を、謎の国籍不明機(スホーイ24)が襲う! 風谷修を撃墜した謎のスホーイ24が、今度は尖閣諸島に出現。平和憲法を逆手に取った巧妙な襲撃に、緊急発進した自衛隊F15は手も足も出ない。目の前で次々に沈められる海保巡視船、海自イージス艦! 「日本本土襲撃」の危機が高まる中、空自新人女性F15パイロット・漆沢美砂生は、スホーイと遭遇……!(『僕はイーグル[2]』改題)

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
811ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

スクランブル 要撃の妖精 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月30日

    元ラノベのミリタリーものと思ったら大間違い。政治小説でした。

    その厚さに比例して内容も濃い。物語の同時展開が多すぎてちょっと集中できなかったのは読み手の能力不足か。

    とりあえず、今まで総理大臣バカにしててごめんなさい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月04日

    政治家と官僚の保身のために次々と犠牲となる自衛隊員たちを見て、いらいらした!笑

    撃墜しろ!→いや、警告してからだ!→いや武器使用禁止!

    これでは誰も日本を守れない。

    現実が小説のようなひどさではないことを祈りたい。
    私たちは平和を当たり前のものとしてとらえているが、その影には目立たない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月05日

    今、日本周辺はキナ臭さが過去10年と比較して若干強くなっている。ロシアは、冷戦時代ほど直接的な脅威ではないものの北方領土に軍事施設を作り、既に領土問題はなきが如く振舞っている。朝鮮半島に目を転ずれば、相変わらずテポドンやノドンを撃ってアメリカを交渉のテーブルにつかそうと画策しているし、韓国では嫌日家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています