スローライフ

スローライフ

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

IT革命の進行に伴い、いま暮らしと仕事のあらゆる領域でスピードや効率を求める勢いが加速している。だが、他方でその潮流への根本的な懐疑も確実に拡がっていよう。「秒」に追われるニュース・キャスターならではの痛切な問題意識に立って、「スロー」に生きることの意味と可能性を食生活・教育・旅などの具体例から考える。

ジャンル
出版社
岩波書店
ページ数
222ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

スローライフ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年11月02日

    就職活動で焦っていたので、気持ちのバランスを取るために読んでみました。その名の通りスローな時間を求める本ですが、話はいろいろなところに飛び、食べ物や森林の話も出てきます。自分の人生を考える上で、こういう考え方もあるんだ、と発見が多かった一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    筑紫哲也さんというと、
    「NEWS23」
    「堅い」
    という先行イメージが強かったのですが
    「あ、すごいすごい、やっぱ、先をみているんだなぁ、すごいなぁ・・」
    とおもった傑作です。
    「スローライフ」そのものの起源や
    「二宮尊徳」など、
    おもしろい本ですよ。
    「平日はなんだかいそがしいなぁ・・・」と嘆く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    「グローバル化で人間は幸せになれるのか」「福沢諭吉の考え:多事争論の大切さ」「物事を一元ではなく二元論で見ること」「地産地消」「若者の食の荒廃」「フンデルトヴァッサーの日本の見方」「長寿と人間の豊かさ」「セクハラは定着したがエイジズムはしていない」・・・印象的な著者の視点をざっと挙げてみるとこのよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月07日

     モノと情報が溢れる中、分単位で忙しい毎日を送る。はたして我々の生活は豊かになったのだろうか?いったいどんな生活を理想としているのだろうか? 
     二宮尊徳の名言「道徳なき経済は罪悪である。経済なき道徳は寝言である」を、いまこそ各人が胸に手を当てて考えるべきであろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月16日

    ★日本やアメリカの状況を見ていると、もう確実にこれまでの価値観では立ち行かなくなってきているのを感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月12日

    タイトル通りというか…
    ゆっくり、ゆっくり読み進めた。
    今の生活はあまりに気ぜわしい。
    自分はあのゆったりした時間が持てて、ほんとによかったと思う。
    スローへの共感は体験した人でないとなかなか難しいと思うが、
    それをこちらが実践して興味を持たすことはできるかもと思った。
    いい本ですよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月16日

    [ 内容 ]
    IT革命の進行の下で、いま暮らしと仕事のあらゆる領域でスピードや効率を求める勢いが加速している。
    だが、他方でその潮流への根本的な懐疑も確実に拡がっていよう。
    「秒」に追われるニュースキャスターならではの痛切な問題意識に立って、「スロー」に生きることの意味と可能性を全国各地の食生活・教...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月12日

    私はマスコミが好きではありません。
    何故かな?と考えると、理由は発言に責任を持たず、
    ただ追い回して報道しているだけの姿勢がまざまざと見えてくるからだと思います。

    そんな私が偶然本書を手に取りました。
    これはマスコミなどについてを中心に扱った本ではないですが、
    マスコミの中でも大きな影響力を持って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月15日

    タイトルに惹かれて手に取る。筆者の事は名前しか知らなかったけど、「惜しい人を亡くした」という言葉の意味をうっすら思った。文中に登場する忌野氏についてもしかり。
    以下メモ
    ・9.11から教育まで、話が随分と多岐に渡っている。驚き。
    ・割と柔らかい文体、各所説明が丁寧で読みやすい。
    ・自在という言葉に、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

     >いちばんのカギは「緩急自在」の「自在」の部分にあります。自れが在る―自分が緩急のペースを選び取るということでしょう。人は何のために生きるのか、人が作った集団・組織が何のためにあるのかを忘れない。すべてを解くカギは「自発性」だと思う。

     「自発性」が保てるとすれば、苦しみの先に歓びがあるからだ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています