若者の法則

若者の法則

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「何で電車の中でお化粧したり・ものを食べたりするんだ?」「あいさつは「どうも」しか知らないのか」「怖くて声がかけられない」…今どきの若者の,一見理解不能・非常識とも思える行動の奥には,彼らなりの論理にもとづく真剣な思いや悩みが隠されている.精神科医・香山リカがその「法則」を読みとき,つき合い方を指南する.

ジャンル
出版社
岩波書店
ページ数
222ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

若者の法則 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    若者が「若者の法則」を読んでみました(笑)

    わたしは若者である。だが、本当に若者であるといえるだろうか?
    そもそも、若者とは何だろう。高校生であるというだけで若者なのか?

    そんな疑問を持つ高校生や、「最近の若者は・・・」といっている「オトナ」達にお薦めの本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月16日

    ◎若者論を類型別に明快に語る
    テレビでもよく出てくる香山リカ先生の著書。2002年に書かれた本だが、あまり古さを感じさせない。

    最近の若者が考えそうなことを、6つの類型に分けて、さらにその類型ごとに詳しく解説してくれている。たとえば買い物。買い物は自分で自分をほめるために行くイメージもあるが、買...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「若者」の心を、ここまで理解しようとしている、現に理解している大人がいるのかと感心した。
    自分と異なる感覚を持った若い世代を理解するための気力と体力を惜しむあまり、若者を自らに馴染のあるやり方に無理やり押し込もうとする怠惰な大人のなんと多いことだろうか。
    異質なものを受け入れ、理解し、さらに共生して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    大学入学時の長期休み課題本として紹介されていた本である。課題として読むべきであったのだが、楽しんで読んでしまったため課題にするのは嫌と感じてしまった思い出がある。

    当時高校生であったが、なかなか楽しめる新書本であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月02日

    大学2年の頃に読んだ時は大半を共感して読めたはずなのに、今読むと強引だなあと感じるところもちらほら。年をとったということか、それともこの本が今の自分には物足りないということか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月07日

    感想文みたい。読みやすくて中々、面白い。 なんか、途中で感情文みたいになってるところがあったり。笑
    同意出来る所も多々。 が、ここに出てくる若者はもう大人になってるよな。ティーンエイジ達の変化は目覚ましいよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月02日

    1テーマ2~4ページで著者の考察がまとめられている、読みやすい作品です。

    法則とは言い過ぎかもしれないけれど、
    「若者は実はこうなのではないか?」という分析と、
    「若者に対して大人はどう接していくべきか」という問いかけ
    でまとめられている形式。


    「なんだよ、いまどきの若者は!」なんて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月05日

     約10年前の書籍。イマイマな情報を提示している側面が強い書籍なので、若干に古めかしい点がないわけではないけれど、まだまだ前線で戦える本だと思います。高校入試なんかにもよく出題される文章ですね。

     個人的には香山さんのことがあまり好きではないので、やや批判的な目で読み進めていたわけですが、それでも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月12日

    書かれている「若者像」と自分がほとんど重なる部分がなくて、これは自分と彼らのどちらが特殊なのだろう、と思った。僕もいちおう若者のはずなのだが。
    分析の材料としているのが、若者の言動の一部だけを切り取られたものという印象が拭えず、もっと深い事例を欲しいと感じた。でもこれは本書の性質上難しいだろうから、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月27日

    大学教員をしている著者が日々接している学生の行動を例に、
    一見無秩序に見える若者の行動言動の根底には実は一定の理念や考え方が存在することを指摘している。
    若者に対して好意的な見方をしていると思われる著者には若者である自分は好感を抱いたが、
    現実にはこの「若者らしさ」を全て備えている若者は存在しないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています