八丁堀同心加田三七(上)(電子復刻版)

八丁堀同心加田三七(上)(電子復刻版)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

嘉永二年、江戸南町奉行所見習同心・加田三七は御奉行遠山左衛門尉景元に抜擢され、弱冠二十五歳で定廻り同心の大役に就いた。そんなある雨の夜、岡場所の女おきくが殺された。現場の寺裏には足駄の歯跡があり、女の首には黒ずんだ痣があった。三七は岡場所の持主・権兵衛の行方を追ったが、権兵衛もその夕、水死体で発見。首にはやはり黒い痣が(「犬と猫と鼠」)。他十二篇を収録する人情捕物帳傑作。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
343ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

八丁堀同心加田三七(上)(電子復刻版) のユーザーレビュー

レビューがありません。

八丁堀同心加田三七(電子復刻版) のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 八丁堀同心加田三七(上)(電子復刻版)
    嘉永二年、江戸南町奉行所見習同心・加田三七は御奉行遠山左衛門尉景元に抜擢され、弱冠二十五歳で定廻り同心の大役に就いた。そんなある雨の夜、岡場所の女おきくが殺された。現場の寺裏には足駄の歯跡があり、女の首には黒ずんだ痣があった。三七は岡場所の持主・権兵衛の行方を追ったが、権兵衛もその夕、水死体で発見。首にはやはり黒い痣が(「犬と猫と鼠」)。他十二篇を収録する人情捕物帳傑作。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 八丁堀同心加田三七(下)(電子復刻版)
    八丁堀同心・加田三七が定廻りを勤めるようになってから数年。冷たい風の吹く十一月のある日、薬研堀埋立地に心臓を一突きにされた男の死体が捨てられていた。上等な着物にそぐわぬ入墨が手がかりとなり、上総姉ヶ崎生まれの岩吉と身元が判明。着物は薪炭問屋松田屋が湯屋で盗まれたものだった。岩吉は松田屋と間違えられたのではないか(「師走の湯」)。江戸市井の人々の哀歓を描く人情捕物帳傑作。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています