海賊王の帰還 暁の天使たち3

海賊王の帰還 暁の天使たち3

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

キングの再生体が連邦情報局に強奪された! 連邦は魔法惑星・ボンジュイの秘密を手に入れたいのだ。己の中に本物の“彼”を宿すルウは困惑し――連邦の本拠地に乗り込んだのだが!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELS
ページ数
213ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

海賊王の帰還 暁の天使たち3 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年01月12日

    ケリーが帰ってきたっ!
    海賊が帰ってきたっ!

    まさかケリーとリィが一緒に動いてる話に会えるなんて思ってませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    海賊キターーーーーーーーーーーー!!!!!!!と大喜びしました。
    まさかのデル戦メンバーとの共演!!!!
    やっぱり海賊なケリーが一番です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月10日

    ケリーが帰ってくる!!
    こんな展開になろうとは・・・。
    かなりビックリで、ドキドキして読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なんだかまたもや最強チックなお兄さんが出てきたんですけど私にはわからない・・・!
    スカーレット・ウィザードだけでも読んだ方がいいのかなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    一連のシリーズでは、デルフィニアより、スカーレッドウィザードが好きなので「待ってました!」ってかんじでした。早く女王が見たいわ〜☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ようやくシリーズ本題。『スカーレット・ウィザード』の怪獣夫婦復活に関するてんやわんやその1。奪われた海賊王の素を奪還しにいったルウが窮地に。『デルフィニア』ほどラー一族が無敵じゃないから面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ケリーが!なんと7ページしか…騙された気分です。あとがきからすると、登場したのは奇跡のようでしたが、このタイトルで出て来なかったら、悲しみです。でも出てくれたから、かろうじて喜び〜。
     それにしても文庫になるのですね…。十二国記に続いて、おじさまでも購入しやすい系になるのです。素敵です。自分が面白い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    物語上のミッシングリンクを埋めるためには必要なストーリーなのですが、
    今までのシリーズ作品を読んでいる人間としては、物分りが悪い登場人物たちにいらいらしながら読みました。
    うおー、君が石頭だからストーリーが進まないじゃないかっ!と八つ当たり。
    次作はタイトルどおりの展開になることを祈るばかり。(20...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    スカーレットウィザード、暁の天使たちのどちらかにはまった人にはお勧めの続編シリーズ。
    ただし、どちらもいまいちだった人にはオススメできません。私はスカーレットウィザードが大はまりだったのでうはうはしながら読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月24日

    なかなか復活しないけどな~
    頭の固い連中ばっかりだといつもの阿吽の感じが無くて色々イライラしますが普通の人の感覚はこっちなのよね、と時々忘れそうになります。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています