「大泉啓一郎」おすすめ作品一覧

「大泉啓一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/31更新

ユーザーレビュー

  • 老いてゆくアジア 繁栄の構図が変わるとき
    人口ボーナスの経済へのインパクトと、適切な経済構造への変革の必要性の説明は非常に面白かった。ここまでは星5つ。最終章の東アジア共同体の説明が竜頭蛇尾で、マイナス0.5。
  • 消費するアジア 新興国市場の可能性と不安
    これからのアジア経済の可能性や問題点についてわかりやすく書いており、とても考えさせられる良書だと思います。
  • 消費するアジア 新興国市場の可能性と不安
    タイと中国を例にあげ、アジア経済の過去・現在をわかりやすく分析している。
    また将来の課題および著者の解決法も提示。
    アジアを理解したい人は、今すぐ読む価値あり。
  • 老いてゆくアジア 繁栄の構図が変わるとき
    人口ボーナスという考え方を軸にアジア各国の状況がよくわかり、とても興味深い内容。日本は1990年代に人口ボーナス期を終え、NIES(韓国、台湾、香港、シンガポール)+中国は2015年までに終了。ベトナムは2025年、マレーシア、インドネシア2030年代、フィリピン、インドは2040年頃終了。そしてボ...続きを読む
  • 老いてゆくアジア 繁栄の構図が変わるとき
    先進国=少子化、途上国=人口爆発というとらえ方はすでに崩壊している。では、途上国での少子化は何を意味するのか。
    人口ボーナスという考え方を使って、経済成長戦略はどうあるべきか、そして人口ボーナス後の社会にどう備えるべきかがコンパクトにまとまっている。