「高安秀樹」おすすめ作品一覧

「高安秀樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/20更新

ユーザーレビュー

  • 経済物理学(エコノフィジックス)の発見
    久しぶりに高安秀樹先生の本をまとめて読み返すことにしました。

    第一弾は本書。特徴はとにかく読み易いことです。
    加えてこれからの課題についても触れられているので関連図書を読み進める動機となります。
  • 経済物理学(エコノフィジックス)の発見
    経済学の悪いところを消し去ってくれるかのような物理学の融合。
    経済学は実証データというよりも現在の事象に対してどのようなことをするのが適当なのかということを論じる学問なので、正直胡散臭さもあります。

    経済物理学では膨大な実証データの研究により、デリバティブと呼ばれる金融派生商品の理論価格の形成に使...続きを読む
  • 経済物理学(エコノフィジックス)の発見
    異文化の思想が合体したときにパラダイムシフトが起きる場合があるが、それを予感させる内容の本。経済畑の人には抵抗があるかもしれないが、そもそも、経済の人は数学が苦手なので、物理学者の力を借りるのは良い考えかも知れない。
    とにかく、私にとっては面白い本だった。
  • 経済物理学(エコノフィジックス)の発見
    フラクタルとカオスの世界へようこそ。この本を読んでの率直な感想がこれである。多少なりとも学んできた経済学の論理は線形であることを基本としている。しかしながら現実はそうではなく非線形である。この原理はどのようになっているのか。先日レビューを書いた書籍のタイトルではないが、“知の逆転”である。第一章は経...続きを読む
  • 経済物理学(エコノフィジックス)の発見
    経済学では説明できない現象を物理学で説明している。経済物理学には前々から興味があり、その興味を満たす内容だった。もう少し勉強してからまた読みたいと思う。