「飯野友幸」おすすめ作品一覧

【飯野友幸】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/16更新

ユーザーレビュー

  • おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄)
    【本の内容】


    [ 目次 ]
    自己なるものをおれは歌う
    おれにはアメリカの歌声が聴こえる
    おれ自身の歌(抄)
    おれは電熱の肉体を歌う(抄)
    おれはルイジアナで一本の樫の木が生えているのを見た
    オープンロードの歌(抄)
    揺れやまぬゆりかごから
    鷹の睦みあい
    農家の図
    ランナー
    浅瀬をわたる騎兵隊
    ...続きを読む
  • おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄)
    草の葉は壮大なものなので、抄訳ですが、
    それでもその世界観を存分に味わえるはずです。

    100年以上前、
    いまよりも自由ではなかった時代に
    このような力強い詩を書いている人がいた、
    ということに驚かされました。

    おれには~という言葉でつづられる
    あつい言葉たち。
    それは、今読んでも衰えるものではな...続きを読む
  • ビリー・バッド
    白鯨を読む前に一度著者の雰囲気を知っておきたかったので、手短に読めるこの本を一読。何とも言えない終わり方だが、これが作家の雰囲気らしい。物語としては秀逸。白鯨を読むかどうかは暫くおいておこう。
  • おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄)
    生に対して肯定的で大声で読みたくなるような詩集。
    自己主張が強すぎるし楽観的すぎるかもしれないけれど好きだ。
    特に好きなのは、恋人を植物にたとえて思い出すところ。
    すがすがしくて色っぽい。
  • おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄)
    なんとなく、なんとなくだけどニーチェのツァラトゥストラを思い出した。翻訳のべらぼう口調からくるものはかなりあると思うけど、精神よりも肉体を、歴史よりも現在を、伝統よりも命を重んじる思想はニーチェと通じるでしょう。ホイットマンの詩作のうちで取り上げられているものはかなり限られており、さらに全体のうちの...続きを読む