古森重隆の一覧

「古森重隆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:古森重隆(コモリシゲタカ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1939年09月05日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:実業家

東京大学経済学部卒。著書に『魂の経営』、『君は、どう生きるのか: 心の持ち方で人生は変えられる』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/23更新

ユーザーレビュー

  • 魂の経営
    富士写真フイルムの本業喪失の危機に対して、果敢に挑んだ男の一冊。M&Aや新規事業を生み出した背景、考えを前段で解説し、後半では経営やグローバル時代の日本の戦略など幅広く書かれている。非常に良い本。
  • 魂の経営
    富士フィルムは大学時代はでは写真フィルムのメーカーとイコールのイメージだった。
    しかし、2000年頃からデジカメが市場に出ていくに従い、写真フィルム市場は激減し、その市場で世界的トップブランドだったコダックが再生法を申請した。

    富士フィルムは、この本業消滅の危機をどう考え、決断行動したのかを200...続きを読む
  • 君は、どう生きるのか 心の持ち方で人生は変えられる
    富士フイルムホールディングス会長兼CEOである著者の「どう生きるか、どう働くか」を綴った人生訓。
    写真フイルムという事業の柱が大きく減退した同社を活性化させている事業経営の視点にとどまらず、頭、心、腹、目、耳、鼻、口、腕、手、足腰・・・といった人間としての総合力=人物の総和(シグマ)を標榜するビジネ...続きを読む
  • 魂の経営
    富士フイルムの古森さんの考え方・価値観・ポリシーが満載のとってもためになる書籍。経営者は孤独かもしれないが、大きな責任と高い倫理観をもって経営をしなければならない。そうした覚悟や決意が伝わってくる。
    短期的思考に陥りがちな指標重視の昨今の経営に警鐘を鳴らすものでもある。研究開発費に毎期2,000億円...続きを読む
  • 魂の経営
    富士フイルムHD古森会長渾身の書。
    本業喪失の危機に直面した富士フイルムで大鉈をふるって改革した見事なリーダーシップ手腕がこの一冊に詰まっている。企業経営とは何か。リーダーの役割とは何か。深く考えさせられた。

特集