「加藤朗」おすすめ作品一覧

「加藤朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/16更新

ユーザーレビュー

  • 新・日米安保論
    右だとか左だとか言ってないで、皆が冷静に現実的に議論することを切に願います。自分だけの平和でなく、相手の平和も考えることのできる人になりたい。
  • 新・日米安保論
    「はじめに」において、護憲派も改憲派も、戦争を他人事と捉えているという問題 として、自衛隊員は命を張って法に則り任務を遂行しているのだが、今の日本人社会は戦争は別世界の出来事であるという平和ボケだとしている。
    そういう状況下、冷静ン終結後四半世紀。
    以来、国際情勢の変化にもかかわらず日米の安全保障体...続きを読む
  • テロ 現代暴力論
    出版されてから10年以上が経過しているわけで、サイバーテロの記載などは、もはや隔世の感があるのは否めない。でもそれはあくまで瑣末な問題で、本書の存在意義を貶めるものでは全くない。一気にテロが認識されることになる、最大のインパクトとなった9.11を軸に、そこに至るまでのテロの歴史と変遷が、その意識の変...続きを読む
  • 新・日米安保論
    元防衛官僚、武装解除と安全保障の専門家による根本的安保論。北朝鮮問題は、日本の国家存亡が危険に晒されるが米国は晒されない。したがって米国が日本のために核兵器を使用することはない。米国の核の傘は実際には効いていない。核の使用が倫理的に不可能な状況では核の抑止力は存在しない。核は必然的に先制不使用になら...続きを読む
  • テロ 現代暴力論
    [ 内容 ]
    国際社会への暴力的な示威・脅迫行為である現代テロは、一九六八年のイスラエル航空機ハイジャック事件によって幕を開けた。
    冷戦時代は東西の代理戦争的側面を持っていたテロだが、冷戦終結後、かえって規模が拡大し、手段も過激化している。
    一般市民を巻き込む非常識的な方法で世界観の対立を表現してき...続きを読む