「纐纈厚」おすすめ作品一覧

「纐纈厚」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/26更新

ユーザーレビュー

  • 暴走する自衛隊
    ▶筑摩書房より
    自衛隊のシビリアン・コントロール関連史:p239~243 文献:p245~247
    抄録日本独自の文民統制として機能した文官統制を廃止するなどして、自衛隊武官の発言力が高まってきている。政軍関係論の第一人者が、文民統制の真意を洗い出し、蘇生させる方法を提示する。
    著者紹介〈纐纈厚〉19...続きを読む
  • 暴走する自衛隊
    今から考えると参事官制度は憲法の中でのしばりをうまくすり抜ける仕方で文民統制を実現した方法だったと思う.自衛官の中に文民統制を嫌がっている空気はあると感じているが,議論の場がないので,さらなる展開が見いだせない状況にあると思う.安倍自体が深い考えができない輩であることから,文民統制をないがしろにして...続きを読む
  • 侵略戦争 ――歴史事実と歴史認識
     以下、印象に残った概要。

    ?明治初期〜日清戦争期までに日本国内で出てきた中国や韓国への侵略思想
    ?日本陸軍・海軍の戦争指導体制
    ?日独伊三国同盟…なぜ日本とドイツが結びついたのか
    ?対米英戦争へ踏み切った理由…1万メートルの差
    ?ポツダム宣言受諾が遅れた理由…天皇や支配層の国体護持
    ?天皇制軍隊...続きを読む
  • 日本海軍の終戦工作 アジア太平洋戦争の再検証
    木戸幸一「なるべくこのまま東条にやらせて最後の機会――相当の爆撃と本土上陸を受けたるとき――、方向を一転するの内閣を作り、宮殿下(東久邇宮のことー筆者注)に総理になって頂く」

    近衛文麿「せっかく東条もヒットラーと共に世界の憎まれ者に成っているのだから、彼に全責任を負わしめる方が良いと思う」

    東久...続きを読む
  • 侵略戦争 ――歴史事実と歴史認識
    [ 内容 ]
    日清戦争から十五年戦争にいたるまで、日本を貫いてきた侵略思想とは何だったのか。
    明治期、西欧に対抗するべく強大国家=覇権国家を建設する過程で形成された帝国主義は、なぜ南京大虐殺や慰安所設置に代表される暴虐を生み出したのか。
    歴史事実の実証を通じて、自己本位の侵略思想が再生産される構造と...続きを読む

特集