黒嶋敏の一覧

「黒嶋敏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/03更新

ユーザーレビュー

  • 秀吉の武威、信長の武威
    副題は、天下人はいかに服属を迫るのか。(2018年刊)
    ・はじめに
    ・序 章「武威」から見える天下統一の実態
    ・第一章 秀吉の九州「停戦令」
    ・第二章 秀吉の奥羽「惣無事」
    ・第三章 秀吉の武威と静謐
    ・第四章 信長と奥羽
    ・第五章 信長と九州
    ・第六章 信長の武威と東夷
    ・終 章 「武威」から見え...続きを読む
  • 天下人と二人の将軍
     織田信長との確執から京都を追われることになった足利義昭は室町幕府最後の将軍としてそれなりに知られており、例えば戦国時代を舞台とするテレビドラマなどにもよく登場する。ただ、その実際のところについて、どんな将軍だったのか、また将軍としてどのような意味があったのかなどを考えることはほとんどないだろう。
    ...続きを読む
  • 秀吉の武威、信長の武威
    信長・秀吉の武威アピールによる他大名従属化プロセスを描く。そこに部下の自己利益追求も絡む。「朝敵」のレッテル利用なども。

    この本では藤木久志の惣無事令は否定してる。惣無事令は一世を風靡した。ゲーム信長の野望でも惣無事令が登場する。京と日本の半分ほどを支配すれば惣無事令発布でゲームクリアになる。

    ...続きを読む
  • 天下統一 秀吉から家康へ
    戦国時代、天下統一を成し遂げたのは、豊臣秀吉と徳川家康。2人の天下統一プロセスを比較し「天下統一」とは何か、を分析したのが本書。

    一代で天下統一に至った2人が次に重視するのは日本中の大名を抑えることができる「武威」だ。戦う気さえ起こさせない、格の違いを見せつければ、天下統一を将来の子孫にも引き継ぐ...続きを読む
  • 天下統一 秀吉から家康へ
    外交文書を通じ、アジア世界の視点から秀吉、家康の天下統一事業をみるもの。国内の統一と外国からの承認がどうであったのかを検証している。これがオモシロイ。秀吉が明からの冊封を、自身の武威が明から承認されたと読み替えたとするのは「なるほど」だ。朝鮮出兵にも意味があったわけだ。これって分かろうとしてなかった...続きを読む