新潮45編集部の一覧

「新潮45編集部」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/10/25更新

ユーザーレビュー

  • 凶悪―ある死刑囚の告発―
    世間に知られていなかった事件を明らかにするため、著者が取材していくノンフィクション。読み応えがあるし、あえて不適切な表現をするけどすごいエンタメ的に書かれていて面白かった。当該人物の「先生」呼びが気味悪さを醸し出しているし、死刑囚の本当の目的は…まだ何か隠しているのでは…という疑念を抱きながら奇妙な...続きを読む
  • 凶悪―ある死刑囚の告発―
    面会を繰り返す中で、記者と死刑囚の信頼関係が深まってゆく様は、実話であるがゆえに、心に迫るものがあった。
    地道な取材・調査を重ね、ついに巨悪が暴き出されたとき、記者の執念を見せつけられた気がした。
  • 凶悪―ある死刑囚の告発―
    実際に映画化されたようだが、まさに、ドラマや映画の世界の話。ノンフィクションというのが恐ろしい。
    内容が内容なだけに、途中、気分が悪くなりましたが、怖いもの見たさで、最後まで一気に読んでしまいました。
    今回、プライドを持った記者の執念で警察を動かし、闇に葬られた事件を明るみ出来たが、忽然と人が消えた...続きを読む
  • 凶悪―ある死刑囚の告発―
    "映画が公開されたので、「凶悪」という題名を知った。小説ではなく、ノンフィクションであり、実際に行われた殺人事件をすでに刑務所にいる犯人の供述と筆者の地道な取材で明らかにしていく。
    刑務所にいる犯人は、まだ世間にも警察にも知られていない余罪の告白をする。まだ、堀の外にいる共犯者を許せなくて・・・
    ...続きを読む
  • 凶悪―ある死刑囚の告発―
    読書録「凶悪」5

    編 「新潮45」編集部
    出版 新潮社

    p111より引用
    “その際、自分は、彼女らから「いろいろご
    面倒おかけしますが、よろしくお願いしま
    す」と、暗に殺してくれとお願いまでされて
    いるんです。”

    目次から抜粋引用
    “独房からの手紙
     驚愕の証言
     そして、矢は放たれた
     脚光...続きを読む