「毛利文彦」おすすめ作品一覧

「毛利文彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/08/29更新

ユーザーレビュー

  • 警視庁捜査一課特殊班
    誘拐犯は、お金を引き渡す現場で、実行犯逮捕される。
    そういう意味では、金を奪うには、あまりにもリスクが多い。
    お金を収奪するということでは、時代の変化によって、進化して行く。
    警視庁捜査一課の特殊班が、誘拐班を専門に捜査している。
    また、人質を監禁、生活維持するのも、一人の犯罪としては難しい。
    電話...続きを読む
  • 警視庁捜査一課特殊班
    特殊班が出動するのは、現在進行形且つ捜査員の失敗が人質の生命に直結する事案です。そのため凄まじい緊迫感を感じます。


    著者はその緊迫感を見事に描きだしています。その取材力にはただただ感服です。
  • 警視庁捜査一課殺人班
    事件発生から被疑者の取り調べまで、緊迫感あふれる筆致で描いた良書です。


    著者はよほどしっかりした取材源に当たったことがよくわかります。
  • 警視庁捜査一課殺人班
    この本を「お宝本」というのはちょっと変かもしれないが読み返しに値する素晴らしいノンフィクションだった。殺人という犯罪捜査を神経をすり減らして日々行っている人達から見たら不謹慎だとは思うが…もの凄く面白かった!!ヘタなミステリーを読むより(当然だが)臨場感があり、そして誇りとプライドを賭けて「殺人」と...続きを読む
  • 警視庁捜査一課特殊班
    誘拐、人質立てこもりなどの凶悪事件担当の警察の中でも生え抜きの集団が「特殊班」これまで社会を震撼させた実際の誘拐事件やハイジャックにおいて、捜査にあたる刑事達はどのような緊張にさらされていたのか、事件や現場の状況が克明に描かれていてどれも夢中で読んでしまった。そして最も重要なキーワードが「指揮系統の...続きを読む