「池内敏」おすすめ作品一覧

「池内敏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/16更新

ユーザーレビュー

  • 叢書「東アジアの近現代史」 第1巻 清朝の興亡と中華のゆくえ 朝鮮出兵から日露戦争へ
    叢書「東アジア近現代史」の第1巻として、豊臣秀吉の朝鮮出兵から日露戦争に至る清朝の歴史を通観。
    著者も指摘するように、明朝の一元的な秩序・イデオロギーに抗して、多元勢力の強体制をつくりあげたものの、やがて画一・同化を強いる「近代」の到来に呑み込まれ、存在理由を失い去った清朝の歴史は、現代の東アジア情...続きを読む
  • 叢書「東アジアの近現代史」 第1巻 清朝の興亡と中華のゆくえ 朝鮮出兵から日露戦争へ
    岡本先生の考え方や、後金から清朝そして全盛期・どのように衰退していったかなど非常に良くまとめられて入門としては良いと思いました
    しかし既にこの時代を熟知している人からすると物足りない部分もあるかもしれません
  • 叢書「東アジアの近現代史」 第1巻 清朝の興亡と中華のゆくえ 朝鮮出兵から日露戦争へ
    清は満洲人の国でありながら、明代の漢人の支配体制を利用し、新疆も含め、間接的な統治というか、連邦国家的な支配体制だったと理解しました。
    やはり華夷秩序の思想が連綿と続いていることも分かりました。
  • 竹島―もうひとつの日韓関係史
    歴史学が社会的プレゼンスを失って久しい。いつのまにか、歴史資料に基づいた歴史像の提示という営みは、声の大きい政治家や作家やいい加減な(すなわち歴史学の手法を学んだことのない)学者によって、かき消され続けている。(歴史学の側にも、政治的な闘争の場に乗り出していた部分はあるのだが)

    しかし、この本は、...続きを読む
  • 叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか
    「叢書 東アジアの近現代史」の第3巻。江戸時代の日朝関係史を中心に16世紀末から20世紀初頭にかけての時期を対象として、日本人の朝鮮観がどのように現れ、推移してきたかを叙述。日本人の朝鮮観を固定的なものとして捉えるのではなく変化する(忘却されて再発見される)ものとして把握し、また地域的な偏差をともな...続きを読む