「池内敏」おすすめ作品一覧

「池内敏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/11更新

ユーザーレビュー

  • 竹島―もうひとつの日韓関係史
    歴史学が社会的プレゼンスを失って久しい。いつのまにか、歴史資料に基づいた歴史像の提示という営みは、声の大きい政治家や作家やいい加減な(すなわち歴史学の手法を学んだことのない)学者によって、かき消され続けている。(歴史学の側にも、政治的な闘争の場に乗り出していた部分はあるのだが)

    しかし、この本は、...続きを読む
  • 竹島―もうひとつの日韓関係史
    竹島問題について歴史学の立場から冷静かつ緻密に分析している。竹島問題を考えるうえでは必読であろう。
    結局、近世以前の竹島をめぐる日韓双方の主張にはいずれも決定的なものはなく、重要なのは近代になってからの竹島の日本領編入の妥当性ということだ。国民国家や領土という概念が明確でなかった近世以前の事例から、...続きを読む
  • 竹島―もうひとつの日韓関係史
    どちらかというと私はリベラルな方だと自認しているが、北方領土にしろ尖閣諸島にしろ領土ということになると素朴かつ土着的なナショナリズムが忽然とわき上がり、江戸時代の竹島が記載してある地図なんか見せられて、「日本固有の領土」だといわれると、『なるほど、そりゃそうだ』と思ってしまうのだが、よく考えてみると...続きを読む
  • 竹島―もうひとつの日韓関係史
    少しわかりにくいところもありますが、竹島問題がなぜ決着しないかわかった気がします。決定打がないんですね、お互いに。多くの人に読んでほしい。
  • 竹島―もうひとつの日韓関係史
    ●「固有の領土」…対外的にはかつて日本以外が領有したことがない土地 体内的には歴史的に日本が領有する土地
    ●前近代については領有根拠どちらもあやふや。ただし鬱陵島の帰属を巡る争いの経緯を見れば、日本に領土の意識はない
    ●1905の編入時、韓国政府に対し照会無し