「武貞秀士」おすすめ作品一覧

【武貞秀士】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/10更新

ユーザーレビュー

  • なぜ韓国外交は日本に敗れたのか 激変する東アジアの国家勢力図
    ■朝鮮半島情勢の5つの特徴
    ①自尊心,自負心が民族のアイデンティティであることを,日本人は念頭に置く必要がある。
    ②勧告を軍事統一するというシナリオに自信を深めつつある。しかし,それを認めることは韓国の自負心が許さない。
    ③朝鮮半島統一のシナリオの中核にあるのが核兵器。北朝鮮の次の政策は,米朝不可侵...続きを読む
  • 東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割
    シーパワーについてはマハンの本を一冊読んだが、地政学に関する本はマッキンダーも含め読んだことがなかったので購入。
    加えて「東アジア」というのが、近代史や経済といった点で今後本で読もうと思っていて分野だったので個人的にはちょうど良い本でした。

    東アジアとりわけ、著者の専門である朝鮮半島や中国、ロシア...続きを読む
  • 東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割
    地政学の観点から東アジアの現況を分析。「シーパワー」、「ランドパワー」、そして新たなイスラムの3極構造がよく理解できる。日本の役割への筆者の想いには共感すべきものがある。
  • 東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割
    新聞を賑わす各国の政治的背景を、シーパワーとランドパワー、つまり海と陸を切り口に分類し、整理した本。ランドパワーが何となく悪の枢軸に感じてしまう位、ロシアや中国、韓国といった悪役が揃っている。何故、これらの国を悪役に感じるか。民主化されているか否かという点、日本と価値観の異なる歴史認識で批判を繰り返...続きを読む
  • 金正恩の北朝鮮 独裁の深層
    産経のソウル支局長を長く務めた黒田勝弘氏と、防衛庁の防衛研修所に入所した経歴のある武貞秀士氏の対談。
    両者ともに保守の流れを組んでいるが、朝鮮半島に長く関わり、時には韓国・北朝鮮によりそう見方をする黒田氏と、軍事という面から冷徹に北朝鮮を見つめる武貞氏では北朝鮮に対する考え方も違うようである。

    ...続きを読む