五味弘文の一覧

「五味弘文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2014/02/14更新

ユーザーレビュー

  • お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想
    まず最初に引っかかるのは「お化け屋敷プロデューサー? そんな仕事があるの?」ってことだろう。答えは、著者の五味さんが先駆者にして第一人者であるということ。ビジネスとしてのお化け屋敷、恐怖と笑いの関係、お化け屋敷の演出とその発想過程、なぜお金を払って恐怖を感じたいか、など興味深い話題がてんこ盛りです。...続きを読む
  • 憑き歯 密七号の家
    一気に読めた。
    夏に、しかもお盆前後に読むのにピッタリな一冊。
    平凡な4人家族だったのに、BBQで行った河原で夫婦ゲンカ…そのちょっとした間に川に流された姉妹。
    助かったのは、おとなしい妹だけ…
    姉の遺体は、見つからないまま一年が過ぎ…
    父母は別居?離婚?なのか、母と助かった娘は引越して2人暮し。
    ...続きを読む
  • お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想
    私はお化け屋敷へは行かない。
    本書で言うところの「固定化されている自分が揺らぐことが不愉快だ」と思うタイプだからだ。
    ということを、本書によって知った。

    たまたま先日こういったことを考えていたのだ。
    「人はなぜわざわざお化け屋敷へ行くのか」
    「なぜわざわざ怪談を聞きたがるのか」
    怖い思いをすること...続きを読む
  • お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想
    現代型のお化け屋敷の立役者が書いた、お化け屋敷の設計理論本。お化け屋敷は、ただ怖さだけを提供するだけじゃないんです。
    ただ、私はチキンなんで挑戦できませんけどね。
  • 憑き歯 密七号の家
    呪われた「黒い歯」を巡るホラー。過去の怨念、感染する呪い、引き起こされる災厄、と道具立ては完璧。これぞホラー! お化け屋敷プロデューサーだけあって、怖さのツボも心得られている感じです。
    じわじわと強まってくる不吉感がいいなあ。そしてラストのしんみりとさえさせられるあの人の決断と、そしてさらなる災厄の...続きを読む