「岡敦」おすすめ作品一覧

「岡敦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/07/12更新

ユーザーレビュー

  • 強く生きるために読む古典
    この本には大いに不満がある。内容にではない。内容はつとに素晴らしい。素晴らしいだけに、その素晴らしさを表現出来ていないタイトルに大いに不満がある。

    この本は日経ビジネスオンラインでウェブ掲載していた文章を加筆修正してまとめたものだ。そのときのタイトルは『生きるために読む古典』だった。
    このタイトル...続きを読む
  • 強く生きるために読む古典
    古典を自分なりに解釈し、弱い自分を強くするための糧とするという取り組み。著者が殊更に自分の不幸・挫折を強調するので、「ひょっとしてこの著者は俺よりダメなのでは…」などという変な優越感を持って読み進む。しかしそれはまったくの思い違いでした。この人は強い。そして、もしかして僕も強くなれるのでは。
    『野生...続きを読む
  • 強く生きるために読む古典
    自分を肯定できずに苦しみ続けてきた著者の、本との関わり方について。
    本と会話をして声を聞き、どう解釈して何を学んできたのか、苦しみを克服するために行ってきた「活かす読書」の記録。

    ――――――
    本は単に面白かったつまらなかったと消費するだけではなく、じっくり会話をするのもいいものだと再認識させられ...続きを読む
  • 強く生きるために読む古典
    あぁ、そういう風に考えたら、なんだかとっても身近に感じる!!
    なんと!?そんな捉え方をするの!?

    っていう新鮮さがあった。
    読んでてハッ!とするフレーズが多く、共感した。
    古典を『読む』だけじゃなくて『糧』にする本だなぁ…
  • 強く生きるために読む古典
    本を読む時に、これは何が言いたいのだろうとか、これが書かれた背景はなんだろうとか、考えながら読む人には面白い本だと思います。
    本はエンターテイメントとしてか、情報収集源として浅い読み方しかしないので、全部は理解できませんでしたが、それでもマルクス・アウレリーウスの「自省録」や法然の「選択本願念仏集」...続きを読む