「武内和久」おすすめ作品一覧

「武内和久」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/30更新

ユーザーレビュー

  • 投資型医療 医療費で国がつぶれる前に
    ①日本の医療制度の本質的問題を容易に解説している。
    ②"医療戦略の本質"の前の導入書として有用。
    ③日本医療制度に対する危機感を具体的な例で示している。
  • 介護再編 介護離職激動の危機をどう乗り越えるか
    現場のでもしか層にうまく届く話があるといいんだが、そう簡単じゃないよね。でもしかが介護に今は行くのだなあ。時代にを映す話ではある。技術の統合はそれこそ大変な重さ。
  • 介護再編 介護離職激動の危機をどう乗り越えるか
    昨今、少子高齢化がもたらす近未来の重要課題について述べた本が多いと感じるが、その重要課題の一つに「介護」の問題もあると思う。

    本書の副題には、「介護職激減の危機をどう乗り越えるか」とあるが、その背景には要介護人口の激増という問題がある。また、本書の帯には、「2025年には介護士が38万人不足!」と...続きを読む
  • 僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない
    トラブルシューティング型から投資型医療へ。

    国民医療費40兆円(2012年)

    かつては感染症による急性疾患で死亡していたが、最近は、がん(30%)、心疾患(15%)脳血管疾患(10%)、5割が生活習慣病。医療費も3割は生活習慣病。

    保険者は3000件。

    医療費は2013年で約60万円。いずれ...続きを読む
  • 僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない
    医療制度改革の問い直し。制度の持続=誰が保険料、医療費を負担するか?の議論から、健康保険の目的そのもを転換することの提言です。保険はいわば、支え合い。私が健康管理を怠れば、隣の兄さん、向かいの姉さんの負担になるし、私も何処かの暴飲暴食メタボさんの医療費を負担している。健康管理は社会のためです。