「安曇潤平」おすすめ作品一覧

「安曇潤平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 山怪談
    山登りを始めたキッカケは、赤いヤッケの男でした。(収録されてません)
    画になると凄まじいなやはり。

    急行アルプスは収録されています。

    三途のトロは文字で読んでも漫画で読んでも怖い名作になりましたヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
  • 山の霊異記 ケルンは語らず
    稚児落としはホームタウンでありますが、そんな話が収集されているとは…

    著者最新の山岳怪談。

    雪女的な話の連続は、あれはずるい(笑)
  • 山の霊異記 黒い遭難碑
    2018061

    山の怪談話ですが山好きならば、描写を読んだだけで楽しくなってきてしまう。怖いけれどホロリとするお話もあり。

    乾燥室、霧幻魍魎なんかはグロテスクで本当に怖かったし、青いテント、三途のトロなんかはテントやツェルトの中からひとり異様な外の世界に恐怖する。

    ポニーテールの女は面白い話だ...続きを読む
  • 山の霊異記 ケルンは語らず
    怖さでいうと「最後の日記」と「三日月の仮面」。
    ほっこりでいうと「幸せな背中」と「仙気の湯」。

    ただ「悪い人」の得体のしれなさが一番イヤでした。
    あの事件が怪異と結びついてしまうのはよくないよ。シチュエーションがそうさせたんだろうけど。
  • 山の霊異記 ケルンは語らず
    怖くて不思議な話がいくつも収められている。

    仙気の湯が良かった。
    人見知りな主人公が帽子を風に飛ばされた男の子に「とってやろうか」と声をかけたら、写真を撮って欲しい観光客に囲まれたり。
    その後、話しかけてきたおばあさんに頼まれごとをしたら、実は‥という話。
    ほっこりする話だった。

    「三日月の仮面...続きを読む