「森田安一」おすすめ作品一覧

「森田安一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/01更新

ユーザーレビュー

  • 物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国
     ヨーロッパ史の本を読んでいると、大国の動きを掣肘・牽制する存在としてしばしばスイスの動向が語られます。どうして、そんなにスイスが重要だったのか?が気になって、この本を読んでみました。

     通史をしっかり語ってくれるので、スイスの成り立ち、どうして現在の中立を勝ちえ、半直接民主制を敷いているのかよく...続きを読む
  • 物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国
    [ 内容 ]
    ヨーロッパの中央に位置するスイスはユニークな国である。
    風光明媚な観光地として知られる一方、国民皆兵の永世中立国でもある。
    多言語・多文化の連邦国家で、各カントン(州)の自治権が強い。
    中央集権化に対する国民の反発は根深く、国連やEUにも加盟していない。
    こうした強烈な個性はどのように...続きを読む
  • 物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国
    結構不純な動機で読み始めましたが、世界史の授業とリンクして面白かったです。
    スイスは強い国ですね。結構田舎もんぽいですが 笑

    永世中立国とか資源が少ないとか割と日本に通ずるものも多くて考えさせられます。
  • 物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国
    予習ではないけど結果として予習。
    連邦というか同盟の様相がよく分かる。文字通り色んな文化の集合体なんですな、スイスは。
    歴史を良く知らない国だっただけに内容が頭にすっと入ってきた訳ではないけれども、スイスという国のイメージが印象的に描写されているかと。
  • 物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国
    スイス旅行の共に持っていきました。

    他国との関係、自国内の緒地域の関係性が複雑で、すぐに頭に入って来ませんでした。一般の読者であれば個別の事象に拘るよりは、より一般化して理解する方が読みやすいと思います。

    他国からの干渉を常に受けながらも、それぞれの地域の独立性を利害の一致する集団で守り続けたス...続きを読む