菊池理夫の一覧

「菊池理夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門
     平成18年に出版された本を偶然読む機会を得たのでして、久々に「リバタリアニズム」「ネオリベラリズム」なる文字に出くわしました(笑)。
     著者が推奨する「コミュニタリアリズム」なるものの解説・入門書です。
    内容は
    第1章 批判や誤解に答える
    第2章 コミュニタリアリズムとは何か?
    第3章 共通善の政...続きを読む
  • 日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門
    現代の政治思想コミュニタリアニズムの入門書。ロールズのリベラリズムに対して出て来た経緯、一般的に権威的と思われるコミュニタリアニズムの誤解への解答、サンデル・ウォルツァー・マッキンタイア・テイラー等の論者の論点、共通善とは何か、現代日本における問題点などを分かりやすくまとめている。
  • 日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門
    タイトルの通り、コミュニタリアニズムについて、これ以上は優しく書けないぞと言うほどに、かみ砕かれた内容で示された新書。

    日本人は横文字をまったく整理せずに、ごっちゃに、ときには誤って理解しがちではあるが、このコミュニタリアニズムについても、往々誤解が生じていることを説明し、その誤解を解くことから始...続きを読む
  • 日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門
    マイケル・サンデル、コミュニタリアリズムを理解しようと思って読んだけど、ムツカシイ。。

    コミュニタリアリズム・・・「共通善」の実現を目指す。

    「共通善」社会にいる人々が「これが必要だよね」「これが大事だよね」ということ、地域社会の未来のありようと、その方法に対して、合意形成して、実現していく。こ...続きを読む
  • 日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門
     「共同体主義」と訳される「コミュニタリアニズム」という考え方を解説した本。これを一言で表現するなら「共通善の政治学」である。

     もっと詳しく言うと、共通の言語、歴史、伝統、コミュニティ、倫理を前提とし、自己と他者との関係性や共通性を意識して自分の属するコミュニティを形成して「共通善」の実現を目...続きを読む