「小島直記」おすすめ作品一覧

「小島直記」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/24更新

ユーザーレビュー

  • まかり通る 【電力の鬼・松永安左エ門】
    その《熱》という言い方を、おもしろい、と感じた。そこが武藤の武藤らしさだが、自分の工場の従業員だけでなく、人間が自分の仕事に打ち込んでいる姿を、何よりも好んでいる
    しかし自分の言葉をひねくれてとらないで、さっさと着替えをし、また駆け戻ってきたところが素直でいい、と思った
    要するに他力本願ではだめなん...続きを読む
  • まかり通る 【電力の鬼・松永安左エ門】
    『電力の鬼』の生涯。
    お金儲けの世界から、世のため人のためになる商売へと志が変わっていく。
    長編なので読み応えあり。
  • まかり通る 【電力の鬼・松永安左エ門】
    斎藤一人さん推薦!!
    「時々こういういい本に出会うと、本好きの私にとっては、ふるえるぐらいのよろこびです」
    裸一貫から起業し、日本を代表する大物財界人となった松永安左ェ門(やすざえもん)の反骨精神あふれる生き方を描いた名作の復刻版。

    松永安左ェ門は、明治8年に九州の壱岐で生まれ、上京後...続きを読む
  • まかり通る 【電力の鬼・松永安左エ門】
    清水組(既に創業90年)、竹中工務店慶長年間、鹿島組天保年間、安藤組明治6年、銭高組と日本土木明治20年、間組明治22年、大林組は一番の新参者
    摂政関白に命ぜられる家柄 近衛、九条、二条、一条、鷹司の五家を五摂家、大臣、大将になれる家柄で久我、転法輪三条、西園寺、徳大寺、花山院、大い御門、今出川、広...続きを読む
  • まかり通る 【電力の鬼・松永安左エ門】
    分厚いが、一気に読める。戦後、現代日本を築いた男の伝記。アツイ。当時の熱気が伝わってくる。熱量が現代とケタはずれだ。