「塚田努」おすすめ作品一覧

「塚田努」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/06/24更新

ユーザーレビュー

  • だから山谷はやめられねえ 「僕」が日雇い労働者だった180日
    面白い。
    実体験のノンフィクション。
    著者と同様に、ホームレスとか、宿無しの日雇いで働いてる人とか、いわゆる社会のレールから外れてるような生き方に興味があるなあ。
  • だから山谷はやめられねえ 「僕」が日雇い労働者だった180日
    日雇い労働者の街、通称ドヤ街。
    その中でも日本有数のドヤ街といえば東京「山谷」。
    実際行ったことはないのだが、地名は知っていた。
    頭に浮かぶ街のイメージは良くはない。ただそんな場所でも懸命に生きる人もいれば、温かい人情だってあることをこの本を読んで感じた。
  • だから山谷はやめられねえ 「僕」が日雇い労働者だった180日
    日雇い労働者の実態が書かれたルポ
    山谷という場所はセーフティーネットになってるんだなと思った。
    やっぱりルポルタージュはなかなか接することのできない世界を生々しく知れておもしろい。知見が広まる。
  • だから山谷はやめられねえ 「僕」が日雇い労働者だった180日
    今までの人生に疑問を感じている現役大学院生が飯場(はんば:簡単に説明すると住み込みで働ける土木工事)に潜り込みその実態をレポート。
    飯場での仕事内容や給与形態がわかります。
    人それぞれ人生がありまた価値観のおき方によってその人生も大きく変わっていくと思います。
    何が勝ち組で、負け組みであるのかが考え...続きを読む
  • だから山谷はやめられねえ 「僕」が日雇い労働者だった180日
    <ごく普通の大学生の「僕」は、就職活動を前にしてドロップアウト。そして始めた東京・山谷でのその日暮らし。宿なし・金なし・家族なしの中年男たちと寄せ場や職安に通い、飯場の世界にも飛び込んでいく。彼らは、そして就職を選べなかった「僕」は、ダメな人間なのか?ドヤ街の男たちと寝食を共にした一人の若者による傑...続きを読む