樹要の作品一覧

「樹要」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:樹要(イツキカナメ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:6月20日
  • 出身地:日本 / 群馬県
  • 職業:マンガ家

『ワガママだけど愛しくて』、『愛で痴れる夜の純情』、『恋になれ!』など数多くの作品を手がける。『今夜もごちそうさまでした。』(真崎ひかる)など多くの小説で挿絵を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2024/04/19更新

ユーザーレビュー

  • 愛で痴れる夜の純情【イラスト入り】
    綺蝶×蜻蛉。
    挿絵 樹要
    見世で、1番の花魁と2番目の花魁の禁断な恋愛。
    犬猿の中とされる2人が、恋に堕ちる。


    挿絵が樹要さんだったので、即買いしました。
    学生時代の朝読書に読んでました。
    私のBLバイブルの1冊です。


  • 恋煩う夜降ちの手遊び【イラスト入り】

    健気

    綺蝶と蜻蛉の朋輩、藤野の健気物語です。
    ワガママ気質な藤野が年季明け間近になって、
    自分だけでなく、後輩のことまで思いやって、
    好みでもない客を上がらせていたりと、そういう思いやりも廓の中にはあるのね、と思いました。
    そして思い人を客として上がらせて五年も仕事を勤めあげる根性!
    綺蝶✕蜻蛉以外では藤...続きを読む
  • 媚笑の閨に侍る夜【イラスト入り】

    玉芙蓉

    玉芙蓉という名前からして艶やか。
    お職を張り続ける傾城でありながらダメ男に貢がされ続ける玉芙蓉。
    その歪な関係からの精神的なストレスとかで
    綺蝶やかげろうをいじめていたかと思うとしょうがない気がします。
    身請けの宴の時に禿の二人を見ながら、鷹村と話をする玉芙蓉にも、愛情があったのかなと思います。
  • 白き褥の淫らな純愛【イラスト入り】

    今回は

    今回のお話は花降楼楼主の弟と色子のお話。
    楼主や鷹村の出番も多くて、花降楼の他の様子も分かる感じでした。
    最後に愛で痴れる夜の純情のお話もあります。
    かわいい毛糸のパンツの話。
  • 婀娜めく華、手折られる罪【イラスト入り】

    やくざ

    やくざ者と色子のお話。
    椿の両親の末期の話は、さすがやくざ物だけあって、
    椿がかわいそうになった。
    御門の奥さんの話もちょっとドキリとしました。
    なんだか地獄○のがび○の話とちょっと被る(笑)

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!