磯村健太郎の一覧

「磯村健太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/23更新

ユーザーレビュー

  • 原発に挑んだ裁判官
    三権分立、司法は時の政権・行政に感化されてはならない。だがそれは原発という国策において憲法からの視点で切り込むことができていたのか、あの東日本大震災における福島第一原発事故を境に様々な原発訴訟の経緯を当時の裁判官の声をもとに辿っていく。裁判官も人間である。そこには正義と保身が混在した心情が垣間見える...続きを読む
  • 原発に挑んだ裁判官
    樋口判決「たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている」
  • スピリチュアルはなぜ流行るのか
    [ 内容 ]
    目に見えないなにかとつながる感覚?「スピリチュアル」。
    今なぜ人々の心をとらえるのか?
    宗教・心理・社会学の最新研究を盛りこみ、ブログや「江原現象」、『キッパリ!』や「千の風になって」などの身近なブームの深層に迫る。
    宗教の役割が希薄になった日本で、「癒されたい」「救われたい」「つなが...続きを読む
  • 原発に挑んだ裁判官
    丁寧にインタビューして作られているとは思うが、いかんせん「反原発」の立場強化のパンフレットと化している。福島の事故がほんとうはどの程度に深刻なものであったのか、についての検証はすっ飛ばし、とにかく「未曾有の災害」という認識をアプリオリに設定したところから出発してしまっている、
  • スピリチュアルはなぜ流行るのか
    こういうワタクシは物理的に目に見えるもの以外はまったく信じられず、ましてや「スピリチュアル」という言葉自体、心の弱さに付け込むような商売という胡散臭さ、イメージが個人的にはどうしてもついて回る。

    本書は「スピリチュアル」とは、出入り自由なソフト宗教的な位置づけと良うことか。
    昔ながらの宗教が時代と...続きを読む