「小林良彰」おすすめ作品一覧

【小林良彰】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/11更新

ユーザーレビュー

  • 政権交代 民主党政権とは何であったのか
    [変わったもの、変われなかったもの]長年にわたる自民党政権に代わり、国民の期待を背負って民主党が政権に就くことになった2009年の政権交代。その政治的事件をもたらした原因、そして政権交代後の民主党の「凋落」を踏まえつつ、日本のあるべき次の政治形態について考えていく作品です。著者は、米国の数々の大学で...続きを読む
  • 政権交代 民主党政権とは何であったのか
    民主党の政権交代の3年3ヶ月を単なる無駄ととらえるのか、それとも歴史の中のある意味必然と捉えるのか、アンケートなどの結果を生かしながら、新書の枠内にうまくまとめていると思った。

    最初の150ページは、政権交代の小史である。小泉総理の郵政選挙から、安倍、福田、麻生総理から民主党への政権交代へは、自民...続きを読む
  • 政権交代 民主党政権とは何であったのか
    初めての本格的政権交代が何故、期待通りに進まなかったのかを淡々と客観的に記録に書き、その上デモクラシーの機能を数値化して改革案を述べた本。新書ではあるが、通常の本一冊分の意味がある。
  • 政権交代 民主党政権とは何であったのか
    この本の価値は終章に尽きる。よく民主主義がうまくいっているとかいないとか言葉だけの議論はあるが、民主主義の機能をデータで測定する研究は独創的である。前半部の民主党政権に関する記述は、終章のケーススタディとして読めば良いのではないか。
  • 政権交代 民主党政権とは何であったのか
    著者の小林良彰氏は国内外の大学で研究を続けている法学博士。現在は慶応大と横国大で政治学と公共政策論を担当。選挙を前に面白そうだと、日経新聞の広告を見て購入。

    感想。面白い。時系列で整理してくれる良書。コメントがとても腹に落ちる。

    備忘録。
    ・世論を著者がまとめるに、「政権交代は良かった」が「政権...続きを読む