「谷口桂子」おすすめ作品一覧

「谷口桂子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/04更新

ユーザーレビュー

  • 一寸先は光
    私が死んだとき、泣いてくれる人が一体何人いるだろうか。今の私にはじんわり染み渡るような本だった。人は1人では生きていけないし、1人で生きているつもりでも誰かと繋がって支えられている。当たり前のことなのに、独りでいるうちに忘れてしまう。「ヘルプというのは、相手を救うことでもある」時には誰かに思いっきり...続きを読む
  • 一寸先は光
    遺品処分屋のミサキが、40代で孤独死した矢沢麻利子の遺品整理をする中で、自分と重ね合わせて、何としても彼女のために泣いてくれる人を探しはじめる。遺品の引き取りを拒否していた実家に辿りつき、認知症の母がいることを知る。
  • 一寸先は光
    知り合いに薦められた本は読むことにしよう、と決めたので早速読んだ。

    私も田舎から東京に出てきた人だから、共感する部分は沢山あった。「いい自分をみせたい」っていう見栄は誰にでもあるよね。見栄を張ることで前進できる時期もあると思う。

    大切なのは、その時期に応じて最重要視することを選べる自分であること...続きを読む
  • 一寸先は光
    派遣切りにあい、彼氏にも去られた39歳の女性が、遺品整理屋で働き、49歳で孤独死した女性の人生を考えながら、自分自身の人生の方向性を見出すストーリー。「人は生きたように、死んでいく」という言葉が重い。東京で一人暮らしの高齢男性の4人に1人は相談相手がいず、今から15年後の東京の独居率は45%になると...続きを読む