「桜井哲夫」おすすめ作品一覧

「桜井哲夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/28更新

ユーザーレビュー

  • 戦争の世紀
    [ 内容 ]
    20世紀とは、戦争の世紀である。
    その出発点となった第一次世界大戦をこそ問わねばならない。
    バルビュス、ドリュ=ラ=ロシェル、ブルトンらが見た戦場とは?
    エリクソン、マンハイム、アーレントらを襲った「不安」とは?
    大量殺戮の戦争は人間の何を変えたのか?
    兵士、民間人の近年発掘された記録...続きを読む
  • 知の教科書 フーコー
    フーコーが同性愛者だったり、ロラン・バルトと関係があったり!、自殺未遂を繰り返したり、薬物をやっていたりと普段習わない一面が知れた。
    ひとりの人間として興味がもてるし、どうして「狂気の歴史」などを書くことになったかの動機がわかったかも(構造主義・・・?)

     引用されていた「責任がありながら、果たせ...続きを読む
  • 知の教科書 フーコー
     フーコーの生涯、思想のキーワード、人々とのかかわり、著作解題と言った内容。フーコーの著作と言うよりフーコーという人間の方に焦点を当てている。
     かなり平易な書き方で書かれているが、最後の『フーコー最後のメッセージ』という章が、「フーコーが考えたことをもっと知りたい!」と思わせてくれる内容で印象に残...続きを読む
  • 知の教科書 フーコー
    フーコーの思想をあの手この手で立体的に解説している。読みやすいが、同じ文章がそのまま繰り返されるような内容的重複がやや目につく。思想自体の詳しい解説と言うよりは、伝記に近い印象。
  • 知の教科書 フーコー
    「講談社選書メチエ・知の教科書」シリーズの一冊です。

    まずは、教師と学生の対話形式で書かれた「プロローグ」で、捕鯨問題を手がかりにフーコーの「人間の終焉」という考え方が説明されています。日本の捕鯨を非難する環境保護団体が、反対の理由として「鯨は、知能が高くて人間に近い動物だから」と説明していたこと...続きを読む