「聖悠紀」おすすめ作品一覧

【聖悠紀】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:聖悠紀(ヒジリユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1949年12月21日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:マンガ家

愛知工業大学工学部機械学科卒。1971年『うちの兄貴』でデビュー。『超人ロック』シリーズ、『TWD EXPRESS』、『ファルコン50』など多数の作品を手がける。『魔女っ子メグちゃん』などのコミカライズ作品も手がける。

作品一覧

2017/06/09更新

ユーザーレビュー

  • 超人ロック 刻の子供達 2
    知らない人がこの表紙を見たら、どんな話だと思うのでしょうw 
    遺伝子工学で復元された太古の生物「パンダりん」をめぐる物語の第二巻。先月最終巻が出た「風の抱擁」との雰囲気の違いに唖然。これらを同時に連載できる作者は頭おかしい(褒めてます)。
  • 超人ロック 風の抱擁 7巻
    超人ロックシリーズ最長の作品がいよいよ完結しました。
    あまりに感動して最初は感想がうまく言葉になりませんでしたが、切なさの漂う読後感にもただ一言「よかった」と。それでいいと思っています。

    ロックでここまで「ラブストーリー」を貫いた作品は珍しく、47年の歴史の中でも初めてでしょう。
    それが完璧に美し...続きを読む
  • 超人ロック 冬の虹 1巻
     以前からポツポツと読んでいた超人ロックだが、この度病気が再発し、(読めるものは)全部読み直そうかと。
  • 超人ロック 風の抱擁 6巻
    超人ロック47年めにして、6巻まで出てまだ終わらないというのはシリーズ最長ですね。(5巻が出た時点で最長ではありますが。。。)

    長いけど、全然飽きない。
    しかも、第一話でこの物語の「その後」がすでに描かれているわけで、言ってしまうと結末が先に提示されているにもかかわらず。
    作家としての経験値の高さ...続きを読む
  • 超人ロック 凍てついた星座 1巻
    超人ロックシリーズの再読を進めています。
    この「凍てついた星座」の新連載時、とにかくハデな戦闘が多くて狂喜しました。第1巻にはそれらがぎっしり詰まっています。

    超人ロックはシリーズ全体として「人間が、人間らしく生きるとはどういうことか。また、そのためにどうするべきか」「人間を道具扱いすることは絶対...続きを読む

特集