「東嶋和子」おすすめ作品一覧

【東嶋和子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/05/13更新

ユーザーレビュー

  • 放射線利用の基礎知識 半導体、強化タイヤから品種改良、食品照射まで
    推薦理由:
    今、放射線と言えば先ず思い浮かぶのが福島原発の大惨事であり、放射線は怖いもの、危険なものというイメージが先行しているのはやむを得ない事と言えるだろう。しかし現在我々の身の回りでは工業、農業、医療などの多くの分野で放射線が利用され、日本での経済効果は数兆円規模になる。放射線とは何か、放射線...続きを読む
  • 水も過ぎれば毒になる 新・養生訓
    貝原益軒翁の、現代から見ても驚くべき継続的な情報収集力と、統計的な処置、得られた傾向からの洞察を元にして、現在最新の医学と併せてその妥当性を解説した書籍。
    国立癌センター:所長をして、「数年を掛けて膨大な予算も要した研究結果が、全て養生訓に書かれていたとは...」と嘆かせた貝原益軒翁。
    単に科学的な...続きを読む
  • 人体再生に挑む 再生医療の最前線
    科学ジャーナリストが、失われた人体機能を再建する「再生医療」について、その最前線の取り組みを取材・解説したもの。
    発刊は2010年9月で、山中伸弥先生のノーベル賞受賞前のタイミングではあるが、冒頭でiPS細胞が取り上げられ、再生医療のほか、創薬や毒性試験における「疾患特異性iPS細胞」の利用について...続きを読む
  • 放射線利用の基礎知識 半導体、強化タイヤから品種改良、食品照射まで
    放射線の種類、基礎的な知識が分かりやすく書かれていて、工業、農業、医療などでの放射線のさまざまな利用が紹介されている本。改めて現代はこんなにも放射線が使われているのかと思った。きちんと特定された用途に使われている分には問題ないということがよくわかった。今、知りたい原子炉事故に関しては別な本を読むしか...続きを読む
  • 放射線利用の基礎知識 半導体、強化タイヤから品種改良、食品照射まで
    放射線に関するメリット、デメリットが記載されている本。
    レントゲンだけでなく食品加工、害虫駆除にも放射線が活用されていること、放射線は水素が含まれているだけで日常にありふれた水で遮られることに驚いた。メリットデメリット互いに程度が甚だしいが、人間が火をコントロールできたように、放射線もコントロール出...続きを読む

特集