作品一覧

  • 組長射殺 1
    完結
    -
    全3巻110円 (税込)
    白昼の惨劇! 暴力団・吉備組会長が百貨店の入り口で男に撃たれ即死した。犯人は吉備組と目下抗争中の槌田組の者に間違いない。すぐさま大阪府警本部は捜査網を敷き、事件後二ヶ月の間に槌田組の襲撃班である二人を殺人の共同正犯として捕らえ、槌田組幹部一名ほか四人を殺人教唆・殺人予備などの罪で逮捕、さらに殺された吉備兼造の護衛、鶴見を殺人未遂・拳銃不法所持で同様に逮捕して、この組長射殺事件は一応の落ち着きを見た。しかし、二つの組はこのような抗争事件を繰り返しており、この件の報復でさらに抗争が激化すると見た大阪府警は両組の監視を強化した。しかし……!
  • 山口組三代目1 野望篇
    -
    淡路島出身の山口春吉が作業員50人を擁して神戸に山口組の看板をかけたのが大正4年3月。それが三代目田岡一雄の昭和39年には、424団体、9450人を配下にもつ最強最大の軍団になっていた。それはまた荷役、興行等、暗黒の巨大コンツェルンでもあった。英国製の高級背広を着用し、月に3度理髪店に行くという田岡一雄がいかにして地下王国を築いていったのか――アウトローの歴史を活写した気魄の野心作!
  • 最後のドン
    -
    1巻550円 (税込)
    鬼頭組はドンと呼ばれる鬼頭竜夫が組長として君臨し、大阪を本拠とする日本最大最強の暴力団である。ある日、鬼頭組若頭である大江常安が交通事故で突然の死を遂げる。衝撃は組全体に走り、裏切り、駆け引き、殺しが横行、抗争にまで発展していくことになる。はたして傘下397団体、構成員1万2000人を呼号する鬼頭組はこのまま分裂してしまうのか、それともドンは義を再興できるのか?塗り変えられる暴力団地図を描き人間心理をえぐる迫真の力作!
  • 錬金の猟犬たち
    -
    1巻638円 (税込)
    宝塔園観光のオーナー会長である丸田利弥が病死した。途端に経営権の継承をめぐり、丸田の未亡人・良枝と後継者を自負する社長の吉岡が対立し、社内を二分してしまう。吉岡は株の買い占めによって良枝を追放しようと企て、日本最強最大の広域暴力団・貴船組傘下の仕手集団に話を持ち掛けた……。利権に群がる“猟犬(ヤクザ)”たち。裏社会に棲む仕事師たちが加わった争いは、“猟犬(ヤクザ)”同士の熾烈な闘いへと発展していく――。企業を食い物にする暴力団の錬金術を過激に暴く、著者渾身の超フィクション!!
  • 仁義なき戦い〈決戦篇〉 美能幸三の手記より
    4.0
    1巻462円 (税込)
    戦後のヤクザ抗争事件史上、最大の争いとなった“広島ヤクザ戦争”――。原爆で壊滅した広島に巣食った無法者たちを力でおさえた岡組、隣接する呉を策略で統一した山村組。ところが岡組組長は引退を機会に、縄張りを山村組にゆずった。そのため、岡組の当然の後継者と思われていた打越組は、山村組と真っ向うから対立することになった。しかも、一触即発の状態にある両組を、日本最大の暴力団・神戸の山口組とそのライバル本多会が、それぞれ応援に立ちあがったのだ――。美能組元組長・美能幸三の手記をもとに、抗争事件の真相にせまる異色のドキュメント。
  • 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より
    4.0
    1巻550円 (税込)
    昭和38年4月17日深夜、山村組組員が打越会会員を急襲、一人を射殺した。この一発の銃声が、敵対する両組による“広島ヤクザ戦争”の引き金となった。しかも背後には、力による日本制覇を狙う神戸の山口組、本多会の二大勢力がひかえていたのだ。殺(や)られたら殺(や)りかえせ――ヤクザ同士の血で血をあらうすさまじい抗争は、その一応の終結をむかえるまでに、組員のほか、巻きぞえにされた一般市民を含め、なんと40名を上まわる生命が奪われていった。これは、その渦中にあった美能組元組長・美能幸三の手記をもとに構成した、迫真のドキュメントである。
  • 狙 撃 者
    -
    1巻660円 (税込)
    山口組四代目が竹中正久に決まると、不満分子が一和会を結成し、狙撃班を編成したのは周知のとおり。風屋健三にも拳銃(チャカ)が手渡された。全身が慄いた。当日から竹中組長を追う。ところが、別の攻撃隊が先に組長を斃したのだ。風屋は獣のように吠え、泣き喚いた。この表題作を含めた七編で、著者はアウトローの心理と行動に肉迫する!
  • 第三の首領(ドン)
    -
    1巻660円 (税込)
    45口径拳銃が夜の銀座で火を噴いた。通行人が斃れた。狙われた関東会関口会長は車の床に伏せて難を避けた。襲撃隊は神戸の親和会相馬会長の一味。タレントの奪い合いからの怨みが高じたのだ。全面戦争となる。ところが関東会にソ連が、親和会に中国が〃第三の首領(ドン)〃よろしく武器と資金の援助を――。雄大な構想の新ヤクザ小説。(『六本木奇兵隊』改題)
  • 深海の鮫
    -
    1巻660円 (税込)
    ノンキャリアで大手都市銀行の支店長にのし上がった品川菊次は、倒産寸前の商社の再建にも成功する。暴力団と繋がりを持つ人間を抜擢し、勢いに乗って地上げに手を染めバブルを謳歌するが、次第に身動きが取れなくなってしまうのだった。そこへカネを食いちぎる〃鮫〃が言葉巧みに接近して……。裏の勢力が形を変えて表に進出。その恐るべき実態とは何か!?(『深海の鮫たち』改題)
  • 悪魔(サタン)の罠
    -
    1巻660円 (税込)
    元貿易会社OL島谷千代子の音信が突然途絶えて半年のち、母親のもとに、「お宅の娘(こ)は北海道に行きました」という不審な電話が入った。警察に捜査願が出されたが、杳として行方がわからない。ところが、失踪の背後に、奇怪な宗教団体『天宙教』の存在が浮かび上がってきた。その同じころ、米国ロスアンジェルスで、身元不明の、東洋人女性の死体が発見された!?
  • おれが撃つ
    -
    1巻660円 (税込)
    速水巡査部長と鎌田巡査のパトカーに、「銀行強盗!」の通報が入る。犯人は散弾銃で、すでに人を撃ち、銀行に籠もっていた。防弾チョッキは一着だけ。「部長どうぞ」と鎌田は譲り、犯人に迫った。途端に散弾銃が火を噴き、鎌田が崩れた。現場は立入り禁止となる。だが速水は復讐に燃え、中華料理店の出前に化けて裏口から犯人に向かう。著者の正義感と娯楽性が横溢する一冊。
  • 東京コカイン作戦
    -
    1巻660円 (税込)
    押収したビデオにはコカインを吸い、快楽に酔う裸女が写っていた。新宮俊介は思わず瞠目する。彼は警察庁直轄・極秘麻薬捜査機関から特に選ばれた剛腕の国際秘密捜査員。新宮はまず裏ビデオ屋に変身して獲物を追う。間もなく南米コロンビアの世界最大のコカイン密輸組織が、日本の経済界・新興宗教・暴力団をマーケットに狙う策略を知った。新宮の死闘がつづく。(『麻薬捜査官ジャガー3』改題)
  • 愛と死の極道戦争
    -
    1巻660円 (税込)
    「二人で殴り込みをかけるんや」 妻の幸恵が、夫の慎吾を誘った。幸恵は和田組の平凡な極道の娘で28歳。5歳年下の慎吾と新婚の愛欲に溺れている。そのとき恩人の若頭補佐が宿敵三輪組の狙撃を受けた。「いざ復讐!」と幸恵がバイクで飛び出し、慎吾は背後で拳銃(チャカ)を握る。うまくいけば出世の望みもなくはない。だが、二人を怖い罠が待つ……! 興奮渦巻く「極道戦争」傑作集(オムニバス)。
  • 暴力団の兵士たち
    -
    1巻660円 (税込)
    奇襲の乱射。賭場荒らしの四人は蜂の巣にされた。だが、この四人は日本最大の暴力団・山菱組の最下部組織に属する兵士だった。狙撃したのは博打一筋の小暴力団・花田組の兵士。山菱組は代紋のメンツかけ、花田組は極道の仁義で戦う。血みどろな抗争。不利な花田組が大逆転を図るには、山菱組の首領(ドン)を殺るしかない……。暴力団(アウトロー)小説の権威が底辺から捉えた迫真小説。
  • 驚愕の犯人
    -
    1巻660円 (税込)
    地方都市のキャバレーで猟銃が乱射され、死者や怪我人が出た。犯人は逃走。派出所の宮田巡査にも検問指令が下った。実家(さと)に帰省中の妻、みさ子は事件を知り、三歳の子を背に夜の山道を駆ける。と、犯人が出現! みさ子は凌辱の受ける隙に傍らの猟銃を奪い、驚く男を蜂の巣に……(表題作)。犯人の挙動を凝視する迫真の傑作集。
  • 新ホテル探偵
    -
    1巻660円 (税込)
    六甲道夫の車に金髪女の運転する車が後ろからゴツン。勤務先のホテル・デュークは程近い。六甲は実績を買われ、より大きなホテルの探偵にスカウトされていた。女は魅惑的な体を預け、許しを請う。六甲の欠点は色好み。当然、情事に陥る。そこをロシヤ人に激写され、国際機密会議の盗聴に協力を迫られた。手に汗握る連作劇(ドラマ)!
  • 組長射殺
    -
    1巻770円 (税込)
    「会長が頭を撃たれて即死!」の情報が吉備組の事務所を動転させた。吉備兼造はハワイから恋人を招き、東京見物の最中だった。襲撃者は宿敵槌田組の猛者たち。当然、復讐戦が練られたが、警察の監視は厳しい。すると槌田組長が前親分の墓参で熊本へ飛ぶという。吉備組の蒲田啓一は搭乗員の前で空港へ潜入! 手汗握る力作を精選。
  • 極道の娘
    -
    1巻770円 (税込)
    天保健児(てんぽけんじ)は日本一を誇るヤクザ組織古座組系西岡組の若頭。私大を中退、海外で鍛えてきた腕を買われたのだ。天保は期待どおり宿敵からゴッソリ拳銃 (チャカ)を強奪。この男前(ハンサム)に同系各組長たちの娘、奈津、真理子、早苗が熱をあげた。やがて首領(ドン)古座一義が死に、跡目争いは凄絶な戦いとなる。天保の生命(いのち)は? 三人の娘たちの運命は?
  • 生贄
    -
    1~4巻565~660円 (税込)
    「これらの事件は架空の創作ではなく、すべて事実、もしくは事実に基づいている」と、著者はまえがきで断定している。事実、著者は強姦というものの実態を明らかにすべく、警察での供述調書、検察官の面前調書、現場の実況見分、被害者の被害届け、起訴状などを調べ上げた。本書に取り上げられている九つの強姦事件は、小説の形をとってはいるが、けっして絵空事ではなく、私たちの身近に起こった、恐ろしい事実である。

    試し読み

    フォロー
  • 天女の極道
    -
    1巻660円 (税込)
    日本のヤクザの首領を一人の男が襲った。背中に“天女”の刺青をした内海忠である。17歳のとき傷害致死で少年院へ。18歳で極道の道へ入り、対立暴力団の若頭を絞殺。そして23歳のとき、親とも慕う組長を殺られ、その骨を食い復讐を誓った内海の見事な仕事だった。――ヤクザ社会に衝撃的“伝説”を残して散った男。丹念な取材をもとに、その悪に彩られた25年の生涯を描く異色の犯罪小説!

    試し読み

    フォロー
  • 暴行
    -
    1~3巻660~715円 (税込)
    見知らぬ男より、顔見知りに強姦される女性のいかに多いことか。たとえ手抜かりが女性側にあったにせよ、暴行や脅迫があっての上での姦淫ならば、法律は強姦だと判断する…。大好評『生贄』シリーズに続き、新たな視点で男の犯罪を赤裸々に描く迫真の新シリーズ、登場!

    試し読み

    フォロー
  • 餌食
    -
    8人の女性を強姦殺害し死刑に処された稀代の強姦魔・大久保清は、その動機を問われてこう言った。「オレが悪くなったのは世間が悪いからだ」――なぜ男たちは強姦するのか? 実際の事件に、そのおぞましい性犯罪の根源を探る、著者渾身のドキュメンタリー・ノベル!

    試し読み

    フォロー
  • 蹂躙
    -
    独身女性のマンション、女子高生のたむろするバス停、人気のない避暑地…欲望の捌け口を求め彷徨う男に選ばれた女とは!?最新の犯罪調書をもとに、女を蹂躙する男たちの激情を描くドキュメンタリー・ノベル!

    試し読み

    フォロー
  • 非情警部・暴力都市を壊滅せよ
    5.0
    1~3巻770円 (税込)
    塩路市は悪名高き二大暴力団・黒石組と花竜会が激しく抗争を繰り返す新興地方都市である。市政は麻痺し、市民生活は危険にさらされていた。警視庁特別監察官・滝田一郎に下った命令は「塩路市を監察せよ」というものだった。それは射殺も含め、手段・方法を選ばず、超法規的行動を認められた非情捜査を意味していた。塩路市の利権をめぐる両組の対立抗争には市警察も絡んでいるらしく、滝田は地元警察と暴力団の警戒網を突破して現地潜入を果たしたが…異才飯干晃一が放つハードアクションの白眉!

    試し読み

    フォロー
  • 極悪捜査官
    -
    1巻680円 (税込)
    狂乱する全裸の美女、そしてコカインの吸入…六本木の裏ビデオ屋から押収されたポルノビデオに収録された衝撃の1シーン。ただちに捜査を開始せよ、国際秘密捜査官・新宮俊介に指令が飛んだ。裏ビデオ屋になりすまし囮捜査を始めるや、闇の巨大組織が接触してきた…!

    試し読み

    フォロー
  • ドキュメント  婦女暴行(電子復刻版)
    -
    レイプ――殺人に等しいこの犯罪の実態をつかむことは難しい。発生件数は、報告されている数の二十倍は下らないだろうと推測されている。二、三分間に一人の割合いで女性が何らかの被害に遭っているというレポートもある。しかし、事件を立証するのは被害者の立場もあって大変難しいのだ。レイプという行為に潜む男と女の性の深奥に迫るドキュメンタル犯罪レポート。

    試し読み

    フォロー
  • 非情警部・暴力都市を壊滅せよ

    Posted by ブクログ

    警察庁特別監察官・滝田一郎に特捜令が発せられた。
    それは射殺も含め、手段・方法を選ばず、超法規的行動を可とする非情捜査を意味している。
    潜入先は塩路市。
    市議会を牛耳る2大暴力団が激しく対立し、しかもその抗争に地元警察も絡んで利権をほしいままにしている汚染都市であった。
    滝田は地元警察と暴力団の警戒網をくぐり現地に潜入した。
    が、意外にも、彼を待ち受けていたのは、美しい女体と官能の罠だった…。
    飽くなき暴力とエロスが迸るハード・アクション。

    0
    2009年10月04日
  • 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より

    Posted by ブクログ

    仁義なき戦いの原作本です。登場人物は映画版とは違い全員実名です。映画には現れなかった重要人物(門など)も登場します。

    0
    2016年06月06日
  • 仁義なき戦い〈決戦篇〉 美能幸三の手記より

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    本当に、任侠という型式が
    見事に崩れてしまっている
    欲が絡み合い、血みどろ、血の海の惨状。

    手記の男も、もちろん、その最中にいました。
    ただし、だんだんと彼は、疎ましく扱われ
    ついぞ破門となります。

    彼は人柄がよすぎたせいで、
    逆に敵も多かったんですよね。
    いろいろと通じていたのです。

    最後まで駒な彼でしたが
    結局、また手を出す前に
    別件逮捕となります。
    その際には、あの脱獄王がいた
    恐怖の刑務所にもいたそうで。

    でも、この悲劇は、また後年
    起きてしまいます…

    0
    2014年07月27日
  • 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    やはりどこの世界でも、人間関係のトラブルは
    ある、ということ。
    それがヤクザの世界であろうが。

    特にその中でも血なまぐさい抗争を
    描いたノンフィクション。
    人の欲望はどこまでも尽きない、
    それがよくわかることでしょう。

    黒い世界は特に、人殺しまでもが
    「アリ」な世界ですので、
    それらの欲望はなおさら強いわけで。

    手記の人物は、殺しの駒として使われた
    一人の男。
    かのワンマン組長に違和感を感じているようですが…
    どうなるのか。

    0
    2014年07月19日
  • 非情警部・淫魔教団を覆滅せよ

    Posted by ブクログ

    2人の特別捜査官が、突然、行方を絶った。
    彼らは宗教団体“至福教”に絡んだ殺人事件を解明するため、潜入捜査中であった。
    至福教―それは神楽遊びとお助けぐらし(性の解放と生活互助)を教義にした有数のマンモス教団であり、権力と結んで何人も手を触れることのできぬ存在だった。
    “事件を闇に葬ってはならぬ。隠密裡に徹底捜査し、首脳部を一掃せよ!”
    警察庁特別監察室別室の滝田一郎警部に密命が下った…。
    流血のバイオレンスと強烈な性描写で迫る“非情警部”第2弾。

    0
    2009年10月04日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!