「タカハシマコト」おすすめ作品一覧

【タカハシマコト】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/23更新

ユーザーレビュー

  • ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術
    日常の中にボケを見つけツッコミながらコミュニケーションを取っていく。
    お笑いやネットのやりとりを見ることで、
    ココロのOSは日々アップデートされ目も肥えていく。
    これをマーケティングに応用して行くというのは無理というかムリヤリ感があるが
    今やそれをやらないわけにもいかないんだろうねえ。
    ツイッターや...続きを読む
  • ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術
    博報堂コピーライター、タカハシマコトさんの本。

    ニコニコ動画の生中継=ネタに対して、
    全視聴者がコメント=ツッコミをする。
    ネットが発達した今の時代、
    「お笑い的コミュニケーション」を身につけた
    「笑い」に精通した生活者たちを巻き込む
    企業コミュニケーションをつくるため、
    ご自身が手がけたハナサケ...続きを読む
  • ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術
    ツッコミとコミュニケーションの合成語ではあるのだが、思ったものと違って、企業側からの消費者へのアピールの手法。
    途中で興味を失い、取り止め。
  • ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術
     「ツッコミュニケーション」をマス広告術に生かそうという話。
     生活者を「相方」としてコミュニケーションをとる意識をもつこと、生活者の興味や行動にリアクションをとる(広告する)ことが大事。
     個人的には、内容に反対するつもりは全くないが、仕事が広告業と離れているからか驚きが薄かった気がする。ん~て感...続きを読む
  • ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術
    ツッコミニケーションをつくる4つのコツ
    ①ツッコミニケーションとは「リアクション」である
    ②「スピード」と「タイミング」が命
    ③「ツッコむ相手と場を見る目」を磨く
    ④批判ではなく「愛」と「笑い」

    ネットの話題が注目を集められる期間は長くても4日程度

    公私統合

    ツッコミ役を担いづらいマス広告がツ...続きを読む