「横山啓明」おすすめ作品一覧

「横山啓明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/15更新

ユーザーレビュー

  • 無実
    面白くてイッキ読み 
    元弁護士のデスが己の性癖が原因で身を崩していく それにしてもつくづく思う 性癖ってホント怖いな カウンセリングや薬である程度抑えられるのかな でも、本人に抑える気がなく突っ走るから手におえん 枯れるのを待つしかないのか
    介護士ディープティがGJだった
  • 無実
     とある有名作家がテレビに出る。それを見た少女が言う。「昔、私のお母さんは彼と付き合っていたのよ」から物語は始まる。
     少女は作家の娘を騙り、作家はそれにより酷いことになる。

     あらすじに書かれている通りの物語が進むのだが、なぜこんなにはらはらするのだろうか。はらはらするのは「先が分からない」から...続きを読む
  • レッドセル CIA特別分析室
    まず、このカテゴリーの小説に必要な要素の緊張感を当作品は持っている。すなわち、一読に値するという意味でである。現代の情報戦がシギントに傾く中、ヒューミント(人的なリソースによってもたらされる情報)にウェイトを持つ作品が十分なリアリティを持って展開される本作品は、CIA分析官の経歴を持つ著者ならではの...続きを読む
  • レッドセル CIA特別分析室
    アメリカCIAに所属する現役分析官が執筆したスパイ小説。
    本書は著者のデビュー作になります。
    中国の台湾進攻をテーマにしており、中々スリリングで読み応えのある小説でした。

    では、前置きはこの位にして以下で粗筋をご紹介。

    無能な上司の所為で負傷した秘密工作員キーラ。
    復帰後、彼女はCIAの分析部門...続きを読む
  • 1922
    久しぶりのキング。
    原題「FULL DARK,NO STARS」の通り、全く救いようの無い話が2編。でも読むのを止められない。救いようの無い状況を作り出しているのは人間の何なのだろう。愛するが故、逃れたい故、恐怖故・・・少し歯車が狂ってしまうと全ての歯車ががたがたと外れていく恐怖を描く中編集。

    ...続きを読む

特集