「宇月原晴明」おすすめ作品一覧

【宇月原晴明】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/05/16更新

安徳天皇漂海記
594円(税込)
かがやく月の宮
1382円(税込)
天王船
378円(税込)
廃帝綺譚
540円(税込)
黎明に叛くもの
918円(税込)

ユーザーレビュー

  • 廃帝綺譚

    歴史上の出来事に興味を抱くかどうかの境目は、そこに温もりを感じるか否かだと思っている。
    そういう意味で、宇月原先生の作品は、ともすると温度をなくしがちな史実に血が通ったものだ。
    それは、一つ一つの出来事に、「人の心の動き」が織り交ぜてあるからなのだろう。
    この作品は言うなれば「安徳天皇漂流記」のスピ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 黎明に叛くもの

    松永久秀のかわいいことかわいいこと。
    傀儡・果心との掛け合いや、兄・庄五郎への親愛、信長への憎しみと嫉妬。
    外道の術を扱い、節々で人外らしい評価を得ているのに、その実、誰よりも人間臭い感情を秘めているその葛藤ぶりには、ときめかずにはいられない。
    あの時代、既存概念をひっくり返したという意味では誰にも...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 黎明に叛くもの

    執着を捨て、仏道に帰依するという行いは、その人を救うかもしれない。
    だがその事が、その人を慕う誰かを不幸にするかもしれない。その事に注目した人が、これまでにどれだけ居たか。
    久秀と道三の義兄弟を眺めて思うのは、その事だ。久秀は兄に置いて行かれた、永遠に。
    そしてまた、光秀は憧憬に、信長と...続きを読む

    Posted by ブクログ