「三好春樹」おすすめ作品一覧

「三好春樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • その認知症ケアは大まちがい!
    医療や薬のことでは最新の情報が反映されています。認知症診断が得意じゃない医師が予想以上に多かったのに衝撃を受けました。
    「嫌がることをしない」「お母さん役を引き受ける」など三好さんがずっと仰っていることで、長年理念が変わらないのがすごい。
  • 介護がラクになる マンガ認知症ケア
    チェック項目5箇所。施設では、その日の夜勤がだれかによって、問題行動が出るかどうか予測がつくことがあります、それなら原因は「脳」ではなくて人間関係、老人と介護者の相性ということになります。脱水に気づかないでいると、夜間せん妄といった症状が出ることがあり、、それさえも認知症だからだと思われてしまうこと...続きを読む
  • じいさん・ばあさんの愛しかた : “介護の職人”があかす老いを輝かせる生活術
    介護事例が多数のっていて
    ぼくのように介護の経験が
    少ない人には事例研究に
    使える一冊です。

    自分のケアを見失ったとき
    開いて見るといいかもしれません。
  • じいさん・ばあさんの愛しかた : “介護の職人”があかす老いを輝かせる生活術
    「私たちの評価は(中略)老人たちの表情をこそ根拠にしているのだ。私たちはそこを離れてはいけないのである。」(p.85) 名言。
  • じいさん・ばあさんの愛しかた : “介護の職人”があかす老いを輝かせる生活術
    老人と楽しくつきあえる人は、自分の老いとも楽しくつきあえる。
    24年前にケアの現場に入り、31歳で理学療法士になって老人のリハビリにたずさわってきた著者が老人との関わりを綴る。
    三好 春樹氏の自叙伝に近い形で進行しながら、実に的確に、問題点を面白おかしく描いている。