「梓林太郎」おすすめ作品一覧

「梓林太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:梓林太郎(アズサリンタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1933年01月20日
  • 出身地:日本 / 長野県
  • 職業:作家

1980年『九月の渓で』デビュー。山岳推理小説を手がける。主な作品に『奥入瀬殺人渓流』をはじめとする紫門一鬼シリーズや『上高地殺人事件』をはじめとする道原伝吉シリーズなど数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/08更新

ユーザーレビュー

  • 高尾山 魔界の殺人 私立探偵・小仏太郎
    高尾山という身近なところが舞台だったためとてもすらすら読めました。離れ離れでも家族はやっぱり家族なんだなぁと感じました。
  • 穂高殺人連峰(電子復刻版)

    読みやすい

    山の事に詳しくなくでも、充分読み応えのある山岳ミステリーでした。
    折々で、振り返りの内容が描かれているので読みやすくて良かったです
  • 天橋立 殺人旅愁 人情刑事・道原伝吉
    この道原伝吉シリーズの時間軸というのは
    一応サザエさんワールドに組み込まれているようなのだが
    最近の伝さんは山で事件があっても山に登らないのだ。
    そういうのは若手に任せて、どっちかというと観光三昧なのだ。
    その所為もあってか、伏見刑事が山岳救助隊に異動したこともあってか
    別だと思ってた紫門一鬼シリー...続きを読む
  • 常念岳 一ノ沢の死角
    淡々と事柄が描かれ、なるほどと思わせる部分は多い。だが最近の心理描写の濃いミステリーを読んでいると、何か物足りない気がするのは私だけか。
  • 伊勢・志摩殺人光景
    いつもはさくっと読める道原伝吉シリーズだが
    なぜかこの本は休み休みでないと読めなかった。

    結末があまりにも荒唐無稽で吃驚だ。
    そんなに都合よく現金を掻っ攫えるんならいいな(爆)。
    最初の殺人の容疑者が特定されただけで
    捕まらないで終わったような気がするのは気のせいか(笑)。

特集