「近藤麻理恵」おすすめ作品一覧

「近藤麻理恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:近藤麻理恵(コンドウマリエ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本

著書に『人生がときめく片づけの魔法』、『人生がときめく 片づけの魔法2』、『毎日がときめく片づけの魔法』などがある

作品一覧

2017/02/15更新

ユーザーレビュー

  • 人生がときめく片づけの魔法
    やはりコンマリさんは素晴らしい!書きぶりにすごく引き込まれたし、啓発された。コンマリメソッドの衣服のたたみ方を真似たおかげで、持っている衣類に閲覧性ができ、どこに何があるか分かるようになったし、これまで使わなかったものも使ってみようと思えるようになった。さすがに世界的に評価されている本だけのことはあ...続きを読む
  • 人生がときめく片づけの魔法
    まずどうゆう部屋に住みたいか考える
    なぜそうゆう部屋に住みたいか考える

    とても重要だと思った。
    あと、カテゴリー別に捨てて行く
    これも思いもつかなかった。

    ときめくものだけ残すとなると、気付けばほとんどときめかなかった
    むしろ全て捨ててもいいくらい

    これから買う時は本当に必要かどうかしっかり考...続きを読む
  • 人生がときめく片づけの魔法
    一気に片付けることで、意識の変化を劇的に起こす。
    片付けでやるべき事は「モノを捨てるかどうか見極めること」、「モノの定位置を決めておくこと」。
    場所別ではなく、物別に片付ける。
    祭りの片付けを一回だけ行う。
    ものを捨てる前に理想の生活をイメージする、なぜその生活をしたいのか?

    捨てる基準は「触った...続きを読む
  • 人生がときめく片づけの魔法
    片づけにより、自分のやりたいことと向き合う。
    他の整理・整頓本とは一線を画す作品。

    「片づけをしたら、自分のやりたいことが見つかりました」とは名言。
    少しスピリチュアルで怪しいと思う面もあるが、深層心理に働きかけると考えれば許容範囲。
    変な宗教団体にまねされなければいいと思うのは考えすぎか。

    ...続きを読む
  • 人生がときめく片づけの魔法
    昔から片付けは苦手だった。手に取ったものは手当たり次第にその辺りに積んでいき、気がつくと部屋の中は洗濯物と書類の山がいくつもできていた始末。一人暮らし、結婚を経てかなりマシにはなったものの、根本の素質は変わらずだったので、「片付けられる人になりたい」と思いこの本を手に取ってみた。

    読む前は「魔法っ...続きを読む

特集